挑戦!LINUX

9月の半ばに、立ち寄った本屋で、LINUX WORLD10月号に「Fedora core4」の文字を見つけました。
以前、ウチに寝せてあった富士通FMV C5/867というWin me機にFedora core3をインストールしようと四苦八苦した時期がありましたが、結局チップセットのI815Eが合わないらしくきちんと動作せず泣きを見た事がありました。

どうせ、またインストール(実際はインストールは出来たのだが X windowなるものがうまく動かなかった)ダメだろうと立ち読みしていたら、ディスプレイの設定の説明についていた写真にI815Eの文字がありました!もしかしてちゃんと認識するようになったのか?と思わずLINUX WORLD10月号を購入してしまいました。

そして、インストールも問題なく終了!かくしてなんとなく始まったLINUX生活・・・現在3ヶ月目、謎だらけ!

そもそも、LINUXをインストールしてみようと思ったのは、件のmeが不安定なことこの上なく、もう一台のXP機と使い分けもままならない状態だったので、多少遅くても、インターネット関係一通り出きればと考えたからです。

それでも、PⅢ866のメモリ192MB(128MB増設済み)では、さすがに重かった。とりわけメモリが致命的でスワップが常に起ってるのかというくらいHDDがカリカリいってました。

フリーズしなくなったとはいえこれではストレスが溜まるので、メモリを256MB×2の512MBと、ついでにPⅢ1000をヤフオクで購入し換装してみましたら、スワップは激減!処理速度も体感で若干向上!今ではすこぶる安定しております。

インストールはすんなりいったもののその後デスクトップとして利用するまで、この3ヶ月は苦労だらけでした。今でもですが・・・
今後、メモ的にFedora core4で素人が行った愚行の数々を綴ってみたりしたいと思います。

いずれは、まともなLINUX使い目指して!