12/1秋田でも地デジ開始

12/1より東北の県庁所在地で一斉にNHKが地上デジタル放送を開始する。ということで秋田でも当然放送開始です。

が!ウチの大館市ではまだです orz
あくまで秋田市周辺の話です。ウチで観れるようになるのはいつのことかわかりません。

さて、地デジを視聴するには、対応のテレビまたはチューナーを用意して、必要があればアンテナの方向を変更して、チャンネル設定をすることで可能になるわけですが(最もシンプルな場合で)、今後、大館市でも放送が開始されるとなるとどうでしょう?

ほとんどが一戸建てで、しかも、テレビが家に1台という家庭はそう多くはないでしょう。今のご時世・・・そうなると、地デジが観て~よ!といった場合どうするか?

  1. 家中のテレビを地デジ対応(チューナー追加を含む)にする。お金持ちはやっちゃって下さい。
  2. とりあえず、居間のテレビは地デジ対応(チューナー追加を含む)にする。現実的か?

1の場合はアンテナをきっぱり地デジの送信塔に向けてしまえばいいわけですが、2の場合コトはそう単純ではない。

大館市周辺で予定されいる。送信塔は現在、ついているアンテナの方向ではない。と言うことは、地デジと現行アナログを両立させるには、アンテナを1本追加する必要が出てくる。

アンテナを1本追加して対応できる場合として、現在使用しているアンテナが

  1. VHFアンテナ1本の場合
  2. UHFアンテナ1本の場合
  3. VHFアンテナとUHFアンテナがそれぞれ1本ずつの場合

である。ところが、ウチもそうなのですがUHF2本使っているところが結構あります。この場合アンテナを追加したとしてもそれを混合するミキサーがないはずです・・・UHF3本つなぐことなんてありませんからねぇ~。

じゃあ、どうすんでしょ?地デジに完全に切り替わったらもうお役ゴメンのVHFを今更取り付けるというのもイヤです。個人的には・・・
2011年の完全移行予定日までに、宅内のテレビを段階的に地デジ対応に交換していくとかするのがいいのかな?いずれ、ウチの地域では急激に地デジが普及すると言うことはなさそうな気がしますね。もっとも、アンテナの受信関係の問題だけではなくて過疎化で高齢化ってのもあるかと思いますがね。

いつ逝くかわからんのに、そんなもんに金は出したくね~と・・・