おふくろリハビリを開始しる

先週の6日、火曜日、午前11時過ぎから手術が始まった。手術室から出てくるのに4時間はかからなかったと思う。
手術前後の付き添いはオヤジがしていたから正確な時間がわからない。

夜の8時過ぎから明けて水曜日の朝7時位までは自分が付き添いをした。
さすがに手術したのだからまったく痛みがないというわけにはいかないが、それでも眠れるくらいだからマシな方だと思う。
自分が前十字靭帯の手術したときは痛くて痛くてぜんぜん眠れなかったのだから・・・

自分が家に戻ってからベット上で上半身を起こしても良いといわれたようで、
10日ほど仰向けの同じような姿勢を強いられたせいで腰が痛いとしきりに嘆いていたが、これで解消されるだろう。

8日、木曜日になって車椅子を許可されたと電話があった。その時点で、立ち上がってもいいし、
歩けるなら歩いてもよいと言われていたそうだ。まぁ、人工骨頭と自骨の固定がきちんとされていれば、歩いてもいいというのは当たり前か・・・
歩いてもいいとは言われたものの手術まで10日も置かれたせいもあってか、すぐには無理だったようだ。

9日の金曜日から、いよいよリハビリ開始。中身はどんななのかはわかりません・・・いずれにせよ、ひ骨骨折でも前十字靭帯断裂でも、
全荷重までには術後1ヶ月はかかっていることを考えれば、術後2,3日で全荷重してもよいというのはリハビリの速度を上げてくれるだろう・・
・あとは本人のやる気と年の具合か・・・

 

それにしても医者ってのはどうして、
揃いもそろって字が汚いのでしょうねぇ?
診療計画書だとか手術の説明だとか、
汚い字でチョロチョロっと一言二言書いておしまい。そんなのしか見たことないです。個人的に左膝で4度の入院と手術、全部違う医者、
祖母と母、この時も、酷い字でだった・・・うまいとか下手とかいうのではなくて、とにかく汚い。何人も患者抱えて忙しいのもわかる、
そういった決まり事になっているのもわかる、それでも、患者に見せる物なのだからもう少し丁寧にならない物だろうかと常々思う。

あーいったものは、どうしても自筆でなきゃいけないものなのでしょうか?
どうせ決まりきった雛形で書いているんならPC使って病名選んだらいいだけにするとか、そしたら時間もかからないし、
おまけに見た目もキレイ。どうせなら、病名とか手術の種類とかの説明も付けたりしたら、尚、ありがたいような気がするが・・・
ウチが田舎だから電算化が進んでいないだけですか?

“おふくろリハビリを開始しる” への1件の返信

  1. 先日注射を打ちに病院に行った時、カルテの一部が電算化されるとの話をしていましたよ。
    だけど、おばちゃん医者なので
    「一生懸命打ち込んで目が疲れるわ!」
    と愚痴っていました。看護師に。
    ようは、機械に使われないようにしなければならないって事です、社長。

コメントは受け付けていません。