わか杉国体強化メンバー

19年度の国体は秋田で開催されます。その為、ラグビーは古豪復活に向け頑張っています。成年男子の方は、今後もノーザンブレッツが中心となっていくことでしょう。

少年男子はというと、現高校1年生が、3年生になったときに開催年度に当たるわけですから、現1年生から下が中心となります。

そこで秋田県ではもう今年の春から、オール秋田候補を募って毎週末のように合同練習を重ねています。
地元開催だとこうも力の入り方が違うのですね。まぁ予算が付くからだと思いますが・・・例年なら、
春の大会が終わってちょこちょこっと候補集めて選抜してミニ国体に行っているのですがね。

さて、そのわか杉国体の監督にワタシの高校の先輩といっても6つも上ですが、就任することになりました。
ウチの高校からも一人強化選手の認定を受けることが出来ました。しかも、その強化選手たちは、なんと、
花園観戦に連れて行ってもらえるのです。ついでに向こうで練習試合もするみたいですが、これは、
全国のレベルを体験させるのが目的で現在のレベル云々ではないでしょう。だってまだチームとして機能してませんもの。

オール秋田の練習は主に週末秋田市で行われます。大館市からは来るまで2時間ちょっとかかります。しかも、今は冬で雪道、
3時間くらいみたほうが無難でしょう。そこで、監督のA先生は先週の土曜日は朝6時に出発することに決めたようです。
その車に普段はウチの強化選手も乗せていってもらうわけです。今回もその予定ではあったのですが、
この強化選手の自宅が鹿角市八幡平と大館から1時間ほどかかる場所にあるわけです。
とうぜん朝6時前に大館に着く電車もなく(田舎だから・・・)、両親も朝早く仕事に行かなければならないらしく、
都合往復2時間かけて送る余裕が無いとの事・・・これでは朝6時に出発できない、ということで、
その強化選手の彼を高校でスタッフしているワタシの所に泊めて朝連れて来てくれないかということになったわけです。

監督のA先生が自宅に泊めようかとも考えたらしいのですが、お互いなんか気まずいということでワタシに矛先が向いたわけです。
ワタシが生徒の彼の立場だったらやっぱり総監督の家には泊まりたくありませんね。

それにしても、我が校の監督はどうなんだ?アパートに一人暮らしなのに・・・
スタッフのオレなんかよりよほど都合がいいのではないだろうか?しかし!ヤツは学校の忘年会に1泊で出かけております。
余興にレイザーラモンを引っさげて・・・我が校の監督は留守で、オレに来たのね・・・

仕方ないので、泊める事にしましたが、ウチにも、おふくろの見舞いにやってきた伯父が・・・それに、高校生、
いきなり人の家泊まるのは気を使うのではないだろうか?と思いまして、ウチの別宅に泊める事にしました。

まさかとは思うのですが、これから春になるまで、こんなことが続いてしまうのでしょうか?
我が校の監督と二人で交代で泊めることになるのかなぁ?オレの週末の夜はどうなるんすか?先輩!