ブログエディタとしてのglucose 2

RSSリーダーでお馴染みのglucoseがglucose 2ベータとして公開されていた。現在のビルドは「 build 20051209」だ。

実はワタシは以前RSSリーダーにglucoseを利用していた時期があった。当時はまともに日本語を扱える数少ないRSSリーダーだったように記憶している。しかし、いかんせん重かった・・・これは致命的で利用を止めてしまった。現在はFirefoxにプラグインsageを入れて利用するのがメインになっている・・・だってFirefoxに慣れてしまったし、ブラウザの他にRSSリーダー立ち上げるの面倒だし・・・

で、なんでglucose 2を利用するのかというと、ブログエディタがついているから!当然WYSIWYGなエディタです。htmlをサクっと書けないワタシにはありがたい。このエディタはパッと見るとMTの投稿画面とさほど変わらない。文字装飾なんかのボタンが多いといった感じです。ただ、「引用」のボタンがないのが気になるといえば気になるが、おそらくは

「glucose 2」はブログエディタを内蔵しており,ブログの投稿インターフェイスであるXML-RPCに対応したブログツール・サービスへの記事の投稿が可能です. RSSリーダーで閲覧した記事の引用や,文字の装飾等が容易になります.※対応ブログツール・サービスは順次拡充予定

で代用(?)出来るからってことだた思いますが・・・

まだ、このエントリーのみの利用ですが、なかなかです。カテゴリーの選択で複数カテゴリーが選択できないようだが、今後に期待しましょう。あとは、更新pingはどうなのか?まぁ、このエントリーを投稿してみればわかりますがね。
それと、トラックバックです。当然トラックバックは送信出来ますが、気になるのはトラックバックビープル用に、自動送信設定してあるものはどうなるのか?(←試したかったけど、トラックバックビープル用のネタがなかった)

ここら辺の作動具合によっては、ubicast Bloggerからの乗り換えも視野に入ってきますね。特にトラックバック自動送信が機能していれば・・・それとこのブログエディタ単体で動作するれば尚よろし・・・でも、それは無理だよねぇ~RSSリーダーの機能の一部なんだもの。