啓光、5連覇ならず

啓光が準決勝でついに敗れた。この結果、史上2校目5連覇の夢もなくなってしまった。
MBS~KOBELCOスポーツスペシャル 第85回全国高校ラグビー大会~

我が秋田県代表、秋田工業は準々決勝でに敗れてしまいましたが、これはワタシの予想通りでした。少し残念ですが・・・

全部、ダイジェストでしかみてないのでゲームの流れがわかりませんが、啓光はFW戦を有利に進められなかったのではないだろうか?

結果としてシード校が順当に勝ち残ったと・・・相変わらず番狂わせの少ないスポーツだなと・・・舞鶴に頑張ってほしかったかな・・・

決勝はズバリ!大阪工大―東海仰星といってみる。

さて高校ラグビーも盛り上がってますが、大学ラグビーも準決勝が行われ、決勝は5年連続で、早稲田―関東学院。
準決勝は生憎の雨だったが、関東学院―同志社は、同志社のセットプレーが酷すぎたとくにラインアウトが・・・あれじゃ勝てませんね。早稲田―法政は、まぁ早稲田の順当勝ちでしょう。おそらく優勝も早稲田でしょう。こちらの試合もノックオンなんかのミスが多すぎましたね。海外のナショナルチームの平均年齢を考えると日本も大学生あたりの年齢がもっと中心にならないといけないような気がしますが、ちょっといただけませんね。

大学のゲームをみて思ったのが、我々は母校で指導するときに、コンテストスポットの判断で相手にボールが出そうな場合はそのポイントは捨ててリメイクを早くすることで0チャンネルのディフェンスを固めようとしてますが、関東学院も早稲田も、ほとんどコンテストスポットでは文字通り競いにいってましたね。これから高校の準決勝なども観ながら勉強しないといけませんね。

Technorati Tags: 高校ラグビー