秋田わか杉国体

先週の木曜日、ワタシが部活を手伝いにいっている高校の監督であり友人と久しぶりに飲みに出かけました。

早稲田がトヨタに勝利した日本選手権から始まって、話は来年の秋田わか杉国体へ。

少年のほうは現在の高校1年生を強化して全秋田を結成するとして(なぜか、なぞのトンガ留学生もいますが)、成人男子のほうは、ノーザンブレッツ中心だろう?と話を振ったところ、どうやら、秋田県出身オールスターズでチームを結成するらしい。

確かに、ノーザンブレッツの選手たちがトップリーグで通用するのかといったら正直きついと思うが、トップリーグで活躍するプレーヤーを集めたからといって勝てるチームにはならないと思う。とくに国体のような即席チームでは・・・

むしろノーザンブレッツの弱いところに補強する形でトップリーガーを起用したほうがよいのではないだろうかというのが、友人との共通の見解となりました。

地元開催で、ラグビー王国の復権をかけた大事な大会であることはわかりますが、強化の方向性が間違っている気がして仕方ありません。なにより、地元で活動するノーザンブレッツが中心となって活躍するからこその王国復活なんだと思いますがね。

秋田わか杉国体