フレッシュリーダー正式版登場

「フレッシュリーダー」が正式版に–サーバインストール型のRSSリーダー – CNET Japan

サイドフィードは3月1日、サーバインストール型RSSリーダー「フレッシュリーダー」の製品版を公開した。

ということで、さっそく使ってみることにした。

「自宅と会社で『これ読んだっけ?』てなことにならない RSSリーダー、フレッシュリーダー」からダウンロードとインストールをしなくてはならない。

ワタシの場合は自宅サーバーではないので、ホスティングにインストールすることになるのだが、直接 FTP インストールというものが用意されているので、簡単にインストールが完了!

使っているホスティングはロリポップなので、クローラーの設定は出来ないと思う(よくわからないが・・・)のでクローラーオプションなるものを使うことになるのだろうか?

クローラーオプション
本サービスは2006年5月末まで試用版として無償で提供させていただきます。

というのが気になるところではあるが・・・

インストールが完了したならば、ライセンスを発行してもらわなければならない。
個人での利用には「 一般ライセンス:1ユーザーあたり3000円」というものと「 ブロガーライセンス(ブログやサイトの運営者):無料」というものがある。

ココも一応blogということで、ブロガーライセンスを申し込むことにする。

さてさて、ライセンスがまだ発行されていないということで実際の使用感はまだよくわからないが、みた所、Bloglinesを個人で持つ(?)という感じだろうか?Bloglinesは日本語がちょっとアレでイマイチ合わなかった・・・

普段はFirefoxの拡張であるsageをRSSリーダーとして利用しているのだが、RSSが増えてくるとそれぞれの新着や未読のみを拾ってくれないと巡回に時間がかかってしまうと思っていたし、職場と自宅で意識しなくても簡単に同期が取れるのは非常に助かる。

欲を言えば、Firefoxサイドバーに組み込むことが出来たりしたらもっと幸せになりそうです。

Technorati Tags: RSS, Fresh Reader, フレッシュリーダー