フレッシュリーダーを使ってみて

先日、晴れてブロガーライセンスを貰えたので(こんなblogでもblog認めてくれたのは感謝!まぁ、元々1ライセンスでの申し込みだったし)、sageからOPMLをインポートしてみた。

いやいや速いし簡単だしいいですね!
ただ、Technorati JAPANから取ってきてる検索結果が、sageや通常のRSSリーダーならば「○○○○○○の検索結果」と指定したキーワードが出てくるのだが、フレッシュリーダーでインポートしたときはその様になっていたが、「最新記事の取得」をするとすべてが「テクノラティロゴ」に名前が変わってしまった。
これは後でもう一度個別に登録してみる必要性がありそうだ。

さて次はクローラーの設定である。ロリポップではcronが使えない。cronが使えるというとさくらインターネットの500円プランあたりが良いのだろうか?
使えないものは仕方ないので、オプションのクローラーオプションを利用するしかない。クローラーを使わないとイチイチ「最新記事の取得」をクリックして新着ととらないといけないことになってしまう。

登録RSSが少ないうちはそれでも間に合うかもしれないが、増えてくるとキツイことになりそうなので、やはりクローラーは必要。
このクローラーオプション5月末まで試用版として無償となっているのでそれ以降は料金によってはさくらインターネットフレッシュリーダーを移すなんてことも考えないといけませんね。

クローラーオプションの動作ですが、今のところはほぼ1時間間隔で動いているようです。ただ、正式サービスから日が浅いので利用者が少ないので、利用者が増えてくるともっと間隔が空くかもしれませんね。

今のところ不便さ(UIがちょいと使いにくかったりとか)よりは便利さの方がワタシの場合は勝ってるかな?

やっぱり比較対照はBloglinesあたりになるのでしょうか?Bloglinesと比較については帰納法障碍: FreshReader その後で触れられいますが、まったく同感です。

帰納法障碍: FreshReader その後

レイアウトが綺麗で見やすい。Bloglines は(とりわけ日本語フォントだと)やや読みづらいと個人的には感じていたので、FreshReader の方が好ましい。  機能はBloglines と比較するとまだ弱い。
 例えば、Bloglines は一度取得した記事が後で更新された場合に通知するかどうかフィード毎に設定できるが、こちらは非通知決め打ち仕様。選択できると嬉しいんだが。
 Bloglines でいうところの「Show only updated feeds」オプションも欲しい。大量のフィードを登録してると若干見づらいので。

現在はフレッシュリーダーで拾った記事をはてブでクリップするという感じで使ってます。

Technorati Tags: RSS, Fresh Reader, フレッシュリーダー