M+ と IPAフォントの合成フォント

FedoraCore5をクリーンインストールをしたので、当然これまでの設定やなんかもまっさらです。FC4を使っていた時は日本語フォントはIPAフォントを主に利用していてたので今回もIPAフォントをインストールしようかなと思っていたところ

M+ と IPAフォントの合成フォント配布 – きりんシステム ダイアリー(2006-03-15)

というのを見つけたのでインストールしてみました。M+ (エムプラス) フォント(英数カナ)とIPAフォント(漢字部分)を組み合わせたものです。

やっぱキレイなんでしょうね?sansよりはやっぱり日本語らしい漢字がします。そして読みやすいことは確かです。それでも、まだ微妙に文字の揃いが上下していますねぇ。本当はスクリーンショットでも撮って比べて見せたらいいのでしょうけど、それは配布先で確認してください^^;

Xfce4のユーザーインターフェースにも適用してみましたがコチラはあまりキレイにならなかったのでsansのままです。

Technorati Tags: IPAフォント, M+フォント, linux, Fedora Core 5, FredoraCore5, Fedora core