結局、「あとで読む」んです。

巷で話題のサイドフィードのあとで読む。いろんなところでこれイイと評判になっているようです。

みなさんは、ウェブサイトを見て「あ、これ、あとで読もう」と思ったとき、どうしていますか?
わたしは海外のブックマークサービスを使っています。
でも、ふと、ブックマークしたウェブサイトって、結局 あとで読んでない ことに気づきました。
そこで作ったのが、この「あとで読む」というブックマークサービスです。
「あとで読む」は、ブックマークしたサイトをメールで送信する、シンプルなブックマークツールです。
メールは毎日立ち上げるし、未読管理も慣れているので「あとで読む」情報を蓄積するには最適、、、かもしれません。

言われて見れば、自分もはてなブックマークにポンポン登録してますが、実際にきっちり読んだページは少ないかもしれませんね。
あとで読みたいページのURLとキャッシュをメールで送ってくれるのでリンク切れなんてこともないでしょうし、Gmailなんか使ったらフィルタリングや検索なんかも簡単そうです。

まだ自分は登録してません。というのは、モダシンのnagasawaさん曰く

Modern Syntax : 「あとで読む」と2chのRSS配信
でも「あとで読む」は結局メールで送ってもそのメールを「あとで読む」しちゃって、で、それが蓄積されて一括で削除されるような気がするのは私だけ?

「私だけ?」ではありません。「私も」です。コレは便利とポンポン、メール送信しちゃって、未読件数が多くなって結局、読むの面倒なんてことになる可能性大です。しかも、普段もメーラーにメルマガなんか用にフォルダ作って振り分けてるんですが、そこにも未読メールがこんもりと・・・すでに実績ありということですね。

1日に使える時間は決まっているのだから、本当に「あとで読む」べきものを選ばないと、結局は、あとで、あとでと先延ばしになってしまうんですねぇ。それに、意外と自分の中でコレは「あとで読む」と意識されてるものってt、ちゃんと読んでたりするもんですし・・・。

どんな使い方がいいのかな?と思ったとき、マニュアルみたいなページ(MTのバージョンアップ解説とか、Fedoraの設定とか)なんかは、リンク切れでも、ページがなくなっても平気なのでいいかもしれませんね。ただ、解説ページなんかは複数に渡ってることがあるのでその場合は、それを全部メールしないといけないのかな?なくなる心配のない所なら、1ページ押さえておけばいいんでしょうけどね。

Technorati Tags: サイドフィード, あとで読む