久しぶりのプレイヤー

昨日の日曜日、約1年ぶりでラグビーの試合に出ました。
社会人リーグの1番下のリーグですけど・・・。人手不足のチームなので、2年前くらいからポツポツ召集されていましたが、昨年ついに先輩に正式登録されてました。
高校のラグビー部の活動もあるので毎回ゲームに出れるわけでありません。

高校生と同じ30分ハーフのゲームでしたが、後半は体が言うこと聞いてくれませんでした。
当然ボロ負けw

自分はセンターをやっていたわけですが、寄せ集めのフロントスリーなのでラインディフェンスになりません。頑張ってタックルいってみましたが、もう低いタックルなんて体がついていかないは、ケガしたらどうしよ?明日からの仕事が・・・などと頭をよぎると思い切ったタックルができませんw

アタックは・・・ボールが回ってきません。センターなのに・・・FWからボールが出ませんw1次攻撃でクラッシュすると、クラッシュした人のボディコントールが悪くダウンボールがよくないのと、サポートがオーバーに入らず、すべてピックしようとしてしまう。そのときに絡まれて力負けして相手ボールに・・・オーバーするだけでいいのにとツクヅク。
もちろん自分がクラッシュしたときにはキチンとボール出てますよ。ちゃんとボディコントロールしてますからwでも、起きてみるとディフェンスしてるんですね。ウチのチーム・・・
そしてラインアウトがマイボール確保できません。これ致命的・・・。

勝つことにことしたことはないけれど、自分の納得いくプレーが一つでも二つでも出来るとやっぱり楽しいものですね。とうぜん次の日(月曜日)に打撲と筋肉痛という地獄がまっているわけですが。現在、ロボットのような動きになっています。

feedpath tags: ラグビー, Rugby generated by feedpath


普段、部員たちに教えていることが自分で出来たかというと、出来ませんw出来てたらプレヤーしてますって。

チーム内にもアドバイス的なことも言ったわけですが、体力の限界か、こっちの言葉のチョイスが悪いのか全然伝わりませんでした。
部員たちにもわかりやすい言葉で、簡潔に的確に伝えるトークワークも身に着けないといけないと勉強になりました。