SUSE Linux10.1にバージョンアップ

WinとデュアルブートにしてSUSE Linux10を入れてあるだけでほとんどSUSE Linux10を使っていないPCをLinux WORLDの7月号に10.1が収録されていたので、バージョンアップしてみました。

月刊 LinuxWorld (リナックスワールド) 7月号 [雑誌]

インストール手順も結構丁寧に書かれているので迷うことはないと思います。ワタシの場合はすでに10を利用していたので、新規ではなくバージョンアップを選択しました。

しかしバージョンアップだと時間かかるもんですね。依存関係やら削除やらでしばらく時間とられました。
一晩放置しておいて、次の日仕事の合間を見て設定作業をしてみました。上書きなので以前の設定も残っているので比較的簡単に使えるようになりましたが、なんか重くなったような気がします。FC5のときも上書きバージョンアップだと重くなったと感じてクリーンインストールした記憶が・・・まぁこのSUSE Linux10.1は実用機ではないので重くても我慢できますが。

これから遊んでみようと思います。
ちなみにXglなるものをXorgのかわりに使ってみようと雑誌を見て作業してみましたが、オンボードのグラフィックがいけないのかウマク動きませんでした。暇を見てSUSE Linux10.1をインストールしたPCでXglが使えるのかいろいろ試したいと思います。きっとそのことを調べ尽くしたら触らなくなるんだろうなぁ。

feedpath tags: Linux, Open SUSE generated by feedpath