ジダン擁護派?それともマテラッツィ?

サッカーワールドカップの決勝戦で、ジダンがマテラッツィに頭突きをした問題で、超人気ブログ「きっこの日記」で賛否をめぐって激論が展開されている。2006年7月13日付けの「北朝鮮にヘッドバット」で、筆者きっこが「ちょっと挑発されたくらいで暴力に訴えるなんて、とてもプロのスポーツ選手とは思えない」などとジダン選手の行為を痛烈に批判したのが発端だ。
JIN ビジネスニュース : ジダン頭突き 「きっこの日記」で激論

自分の中ではすでに、半ば忘れかけた話題でしたがアツイところでは、まだまだアツイんですね。
まぁ、頭突きしたんだからレッドカードは当然でしょう。差別発言も問題でしょう。日常的に挑発することを言って報復させて退場に追い込むなんてことがあるのも問題でしょう。

ただ、ジダン擁護が大勢なんて話題を目にすると、同じ人間がまったく逆の立場でも同じことになってたかな?と思うわけです。
頭突きしたのがマテラッツィで差別発言をしたいわれるのがジダンだとしても、ジダン擁護で暴力行為はいかなる場合であってもいけないという風になっていたんじゃないでしょうかね?
だって、ジダン、ジダンって言う方が皆気に止めてくるから。マテラッツィだってイタリア代表になる選手だから有名には違いないだろうけど、ワタシのような期間限定俄かサッカーファンにしてみれば、イタリア代表の名前を挙げてみろ言われてすんなり出てくる人ではないのです。

一方のジダンはと言えば、フランス代表と言われて真っ先に名前の出る人物に間違いないでしょう。
結局、「ジダンは差別的発言に我慢しきれずに頭突きをしてしまった」でも「ジダンは心理的作戦の発言のせいで報復で頭突きされた」でも、ジダンが主役であれば騒ぐ方はいいような気がしますが、どうです?

「『どっちが悪いか』って事を問う前に、非人道的な汚らしい暴言が日常的に飛び交ってるサッカーっていうスポーツ自体の下品さを問うべきだと思う」
確かにその通りだと思いますが、足削るとか、ペナルティーエリア内だから派手に転倒してみるとか、いろんなことが作戦になっていますから、今更って気もします。

極々個人的には、サッカーに限らず、野球でもバスケットでも非人道的な汚らしいかは解かりませんが、かなりの暴言が日常的に飛び交ってるでしょうし、勝つためにありとあらゆる手段を使うって事は、それほど非難させる行為だとは思いませんがね。
まぁ、セリエAみたいな八百長は違いますが。

  generated by feedpath