バックアップの重要性を再確認

年に何回か、自分のPCや知合いのPCやらでリカバリー騒動になり、その都度バックアップしておけばと後悔してしまうわけですが、先日も近しいお方のPCが逝ってしまったらしくあえなくWindowsの再インストールとあいなったようで、skype(普通の電話に10分間無料権プレゼント、キャンペーン中ですよ。)のアカウント失念したので、新規で登録しなおしたとのこと。

そんな携帯メールをする前に、skypeネーム教えてメールすればよかったのにぃ。パスワードなら何とかなるでしょう。何個も使い分けしてないだろうからね。
表示名とskypeネームが違うからわからなくなったんでしょうね。

でやっぱりバックアップって必要だなぁとまたまた痛感したわけです。自分のバックアップ体制はどうなってるのかな?と見直してみるとですね、やっぱりそんな大したことしてないです。とくにファイル関係は・・・

今バックアップしているものや意識しなくてもバックアップになってるものってことで確認です。それが安全かどうかは別として。

  • いろんなパスワードは以前はメーラーの保存フォルダを作成して、送られてきたものを入れておいたが、新たに登録したサービスはそのまま、メーラーの保存フォルダにあったものはGmailに転送。つまりGmailに保存している状態。
  • お気に入りやなんかのブックマークはGoogle Browser Sync for Firefoxでやっぱりgoogleに保存。これで、ブックマークもクッキーも、ID、パスワードも保存できちゃうわけですがね。
  • ファイル関係は特に意識してませんが、ウチと職場で使ったりするファイルやWindowsとLinuxで受け渡しが必要な場合もGmailに送っているので勝手にバックアップもどきです。

結局、アタシの情報はGoogleに握られてマクリということですねぇ・・・何が何でもgoogleアカウントは忘れられないし、パクられないようにしないといけませんね。とくにgoogleから送られ来るメールのURLやらドメインはしっかり確認して釣り上げられないようにも気をつけねばなりませぬ。

もっともgoogleからパクられたらどうにもなりませんが・・・

  generated by feedpath