アーミーナイフ1本でキャンプ デスノート作者逮捕

SANSPO.COM > サンケイスポーツ公式サイト

刃渡り8・6センチのナイフを所持携帯していたとして、警視庁石神井署は7日までに、銃刀法違反の現行犯で、人気漫画「DEATH NOTE(デスノート)」の作者で漫画家の小畑健容疑者(37)=東京都武蔵野市境=を逮捕した。

車のヘッドライトが切れていて職務質問はわかるけど、それからよくコンソールボックスのナイフを見つけたもんだ。
「キャンプ用に持っていた」と釈明したようですが、ほかの準備が見当たらなかったので逮捕となったようです。

ナイフ1本でキャンプに行きます。って言ってたらどうなってんでしょう?なんてふざけたことも言ってられない自分自身。
車の中の電設工具箱の中にはしっかりカッターナイフが入ってます。面倒なのでイチイチ降ろしたりしてません。仕事にいくなら正当な理由ということになるのでしょうが、工具箱積んだまま出かけたりした場合はヤバイですね。

[N] 「デスノート」小畑健が逮捕で十徳ナイフはどうだろか?という記述がありますが、実際どうなんでしょうね。
実は、出先で商品の梱包を解くときや、ちょっとしたネジをいじったり、ケーブル剥いたりするのに、わざわざ工具箱出すのも面倒なので、車のキーに十徳ナイフぶら下げようと思っていたので、ちょっと切実です。最近は、この十徳ナイフにUSBメモリーのついたヤツもあるので、ブラウザなんかも持ち歩けて便利だなぁなんてのはちょっと考え直さないといけないですね。

ところで、キャンプ用に持っていたが、ほかの準備が見当たらなかったということは、ほかの準備、寝袋と鍋とライターくらい入れておけば大丈夫だろうか?
食料はこれから買います。寝るときは車のなかで寝袋で寝ます。ってことで。


“アーミーナイフ1本でキャンプ デスノート作者逮捕” への1件の返信

  1. 銃刀法で所持禁止となっている刃物は、ダガー・ブーツ・スローイング・プッシュダガー・ダイバーズナイフ。そして十徳ナイフは、銃刀法施行令37条(刃体の長さが6cmを超える刃物で携帯が禁止されない物)の第2号折り畳み式ナイフに当たり除外要件を満たすかどうか?キーホルダー程度ならナイフだけを潰しておけば大丈夫。また軽犯罪法違反では逮捕できない為、任意同行である事を確認して下さい。調書を取られたり指紋を取られる筋合いがない!

コメントは受け付けていません。