vistaは4月まで待つのが吉か?

Intelが4月22日に行うデスクトップ用CPUの価格改定の内容が明らかになったそうですが、それによると、最新のクアッドコアCPU「Core 2 Quad Q6600」が現行の851ドル(約10万4000円)から、530ドル(約6万5000円)に、実に37.7%値下がりするそうです。

Intelの価格改定、最新CPUは約4割値下がり – GIGAZINE (2007-01-31)

こういう話を聞いちゃうと「もう少し待ってみようかなぁ」って気になってしまいます。今使っているPCじゃメモリ増設してもvistaは満喫出来ないのは目に見ているので買い替えは必須なわけです。

これからサービスパックなんかも出てくるだろうし、各業界の対応も整っていくことを考えれば少し様子見した方がいいのかなぁ?とは思ってましたが、CPUの値下がりがわかっているなら尚更か?ってまずは購入資金の確保が先決なわけですけどね。

最近は別にWindowsじゃなくてもいいんじゃない?って益々思うようになっているのも事実です。macでもLinuxでも・・・