ScribeFire (previously Performancing for Firefox)

FirefoxからBlogへの投稿を可能にしてくれる拡張のPerformancing for Firefoxが、いつの間にかScribeFireに変わっていました。

PayPerPostが今週はじめPerformancingの資産ほぼ全てを買収すると発表した時、ニュースを聞いた多くの人が心配したのが、Performancingの人気ブログ用プラグイン(買収対象から外された)がこの先どうなるか、ということだった。

TechCrunch Japanese アーカイブ ≫ Performancingのプラグイン、新名称は「ScribeFire」 (2007-03-24)

Performancingの手を離れたのですねぇ。
何が変わったのか?色が変わった!テーマ色がオレンジ系になってます。機能面での変更は特に見当たりませんでした。

この拡張とっても便利なんです。WordPressだとhtmlモードにしてやれば、「more」を挿入して追記を作成することも可能だし、引用したい部分を選択して右クリックから簡単に記事作成が出来るし、なんと言っても投稿画面をイチイチ開かなくてもいいのです。

ただ、ちょっとhtmlが汚いというのとping送信先を自分で決められない。せめてping送信先を指定できるようになれば、かなり魅力的なんだけどなぁ。

“ScribeFire (previously Performancing for Firefox)” への1件の返信

  1. MetaGatewayを開発しております、techmonkeyです。
    これを利用すると、どのブログエディタでも、あらゆるブログ、SNS、マイクロブログ、ストレージサービス、ソーシャルブックマーク、カレンダー、メールなどに投稿可能になります。
    MetaGateway自体もweb型のブログエディタの機能を備えています。
    興味があればぜひつかってみてください。

コメントは受け付けていません。