ようやくAdobeReaderから決別

随分前からPDFはFoxit Readerを利用して閲覧するようにしていたのですが、Firefoxをいじったりしているうちに、FirefoxではAdobeReaderが起動するようになってしまっていたためアンインストールをしないでおいてました。PDFとわかっているならダウンロードしてしまってFoxit Readerで開いてしまえばいいだけなんですけど、たまにリンクをクリックしたら、実はリンク先はPDFってこともありましたので。

さんざんFirefoxのオプション画面を探してようやく見つけました。おそらくver.2.xになって変わったので探せなかったと思います。

オプションのコンテンツから管理をクリック。

次のウィンドウで拡張子からPDFを探して反転。

普段はAdobeReaderを使っているが、Firefoxを使っているときだけはFoxit ReaderをPDFリーダーにしたいという場合には、指定したアプリケーションで開くをチェックしてFoxit Readerを指定すればOK。

これで今後はPDFはFoxit Readerで開くことが出来ます。

Foxit Readerは非常に軽いのでAdobeReaderは重くてたまらんという方はぜひ使った方がいいと思います。

Foxit Readerのダウンロードはコチラから。また、そのままでは日本語表示ができませんので、Add-onsページからEastern Asian Language Supportをダウンロードして、本体のインストール先にコピーして日本語表示してしまうのがよろしいかと思います。