Movable Typeのオープンソース化ってどういうこと?

Movable Type4はどうやらオープンソース化になるという。これは場合よってはMTに戻ることも考えることになるかもしれないと・・・。

Six Apart社のAnil Dash氏が同氏のブログ上で秘密を漏らした。もっとも普及しているブログ用プラットフォームの一つであるMT(Movable Type)の次期バージョンでは、GPL(GNU一般公衆利用許諾契約書)版もリリースされるとのことだ。現在すでにMT4の ベータ版が入手可能になっているが、現在のところはまだGPLとしてはリリースされていない。

Open Tech Press | Movable Type 4、オープンソース化へ (2007-06-22)

ところがシックス・アパートから送られてきたメールには

7月17日までにMovable Type 3をご購入いただきますと無償でMovable Type 4にバージョンアップが可能となるキャンペーンをおこなっております。
Movable Type 4でも個人無償ライセンスの提供は継続いたしますが、現在、31,500円(税込)の基本ライセンスパックがMovable Type 4では52,500円(税込)に変更され、Movable Type 3の販売は停止いたしますので、有償ライセンスのご利用をご検討中のユーザー様はこの機会にぜひご検討ください。

という案内がやってきた。
オープンソース化すると売れないから今のうち売っておけってことなのかな?
オープンソース化されたら投稿者数とか設置数とかも自由になるの?そうしたら有償ライセンスってのは何がいいの?
今だと確か持てるブログの数とか、投稿者数によってわけられてたような・・・たしかうちにも1つライセンスがあったような気がするが、それでもMT4にバージョンアップ出来るのかな?

ちょっといろいろ調べる必要がありそうです。
オープンソース化とかいってるのに「有償ライセンス」なんていうから素人には解かり難いんです。
その点、WordPressは単純明快でイイですね。

MEの2.2.1も公開されたようだしバージョンアップしましょう♪