GoogleデスクトップLinux版を使う

昨日、Googleデスクトップ(日本語にも対応ということでサイトも「デスクトップ」になっていたので合わせました)をUbuntu7.0.4にインストールしてみたわけですが、大丈夫のようです。

サポートOSは6.10ということでしたが、問題なく動いてます。
インストール後、GNOMEの場合はメニューの[アプリケーション]内にGoogleデスクトップが出現。自動起動にもちゃんと登録されているのでPCを起動すれば立ち上がってくれます。インデックスが作成されたら、Ctrlキーを2回押してクイック検索ボックスから利用する。

「自動起動するプログラム」に追加するわけですからOS自体の起動は若干遅くなります。ただXPを使っていたときの立ち上がりに比べたら全然苦になりません。メモリもほとんど喰いませんので動かしておいても邪魔にはならないでしょう。

これでGoogle謹製のインストールものはPicasa、Google EarthとGoogleデスクトップの3種類となりましたね。Picasaは英語版でWineで動いてますけどね。