Gobuntuの最初のテストバージョンがリリース

Canonicalは、Ubuntu Linuxソフトウェアからプロプライエタリなソフトウェアを除外した「Gobuntu」の最初のテストバージョンをリリースした。フリーソフトウェアオンリーのUbuntu派生ディストリビューションが公開に:ニュース – CNET Japan

プロプライエタリなソフトウェアを除外した・・・フリーソフトウェアオンリー・・・。正直なところなんかセットアップが面倒そうですねぇ。

これは、ファームウェアやコンテンツ、オーサリングインフラを含めた、コンテンツとコードの自由が持つ限界を押し上げることに興味を持っている開発者への呼びかけだ。

ってのはどういうことなすんか?
よくわかりませんが、結局、デスクトップ用途として使うには色んな「プロプライエタリなソフトウェア」を使わないといけないような気がすんですけど?どうなるんでしょう。