AOLの無料ウィルス対策ソフトがMcAfeeに変わっていた

GIGAZINEでAVGに日本語版が出たよという記事をみて、Windowsを使っていたときに入れていたAOLの Active Virus Shieldがどうなっているのか気になったのでサイトを除いてみました。

GIGAZINEのAVGに関する記事はこちら。
無料のアンチウイルスソフト「AVG Anti-Virus Free Edition」日本語版登場 – GIGAZINE

Active Virus Shieldのページに行くとWe’re Sorry!の文字が・・・
AOLのActive Virus Shieldページだったはず
Active Virus Shieldはもう入手できませんよ。ウィルス対策が必要なら、今はMcAfeeを提供していますよ。ということみたいですね。

1番下のオレンジのリンクをクリックするとAOLのInternet Security Central内にあるBasic SecurityでMcAfee® VirusScan Plus – Special edition from AOL Featuresをダウンロード出来るよいうことになっています。
ちょっと混んでるのかわかりませんがダウンロードは出来ませんでした。まぁしてもインストールは出来ないんだけどね。

自分で買ったら$39.99かかるけど、AOLにメールアドレス登録(以前と同じならAOLへの登録ではないと思う。英語はちょっと・・・)すればフリーだよみたいな。

Vista登場後、もうすぐVista対応版が出るから待っててね。とアナウンスされていたActive Virus Shieldでしたがいつの間にかMcAfeeになってしまいました。
Active Virus Shieldはマルウェアを含んでいるとかいう話もありましたが今回もそうなんでしょうかね?個人的にはPCのハードウェア情報が収集される位ならフリーで機能もそこそこであれば気にしませんけど。

最近はOSのサポート期間内であれば更新料が無料だとか複数PCにインストール出来るものも登場してきたので以前よりコストがかからなくなったので、フリーのものを使うための情報収集に費す時間を節約したと割り切って購入するのも手かもしれませんね。

ただ往々にしてふりーのもののほうが軽いのでPCのスペックの問題も考慮した方がよいのでしょうね。