今週末はいよいよ「大曲の花火」

今のところ「観に行く」ということで話は進んでいます。
大仙市の週間予報みてみると、最高気温は30°とまだまだ残暑が厳しいようですが、最低気温のほうは20°位と、車中泊での暑さ対策にそれほど躍起ならなくても良さそうです。車の隣から花火を観られるのであれば、窓やドア、リアドアを開けて空気を流しておけば車内温度も涼しい位になりそうです。

やはり最大の焦点は駐車場ということになりそうです。
車中泊をすると、臨時テント設営場所をしないといけないと思うのですが(テント張らなきゃ普通の駐車場で朝までいてもいいものかわからないので)、こちらは一応場所は確認出来ました。環境整備協力金なるものが例年2000円であることもわかりました。

しかし、この駐車場、全てが早い者勝ち。
23日の午後3時に解放されるところが2箇所。
24日の午前9時に解放されるところが3箇所。
24日の午後3時に解放されるところが1箇所。

あちこちの掲示板なんかをみると、早くから解放される駐車場はやはり人気が高いようで、火曜日あたりから並んでいるようです。その場所にあぶれた人たちが次々と解放される駐車場に向かっていくようなので、開催日の25日(土)に出発するとなると、ほぼ確保は不可能という状態になるでしょう。
しかも、それらの駐車場、テント設営は可能ということは明記されていますが、仮設トイレがあるのか水場があるのかということはどこにも書かれていない。一応、お金かかるんだからトイレくらいは準備してそうだけど・・・。

出発がどうしても開催日当日になりそうなので、迫力はこの際捨てて、遠くてもいいので、車の脇に椅子を出して、花火を眺めながらビールを飲めるような場所はないものか物色中です。
条件としては、近くにトイレがあることくらいかな?料理するわけでもないので水はポリタンクで間に合うだろうし、食糧は、開催日のお昼と夜・・・これは大半アルコールになると思うし、帰りの日曜の朝は最悪、我慢。これならクーラーボックスで間に合うと思う。問題はクーラーボックスの氷が溶けてしまわないかということくらいか。

クーラーボックスのアルコールスペース増やすために、安いカセットコンロ買ってヤカンもってカップラーメンってのもいいかも。
今週は情報収集に時間が取られそうです。