[大曲の花火 番外編] あると便利なグッズたち

あくまで1BOXカーで車中泊をするときに個人的に役に立ったグッズをご紹介します。普段からあっても防災グッズとして置いておくことも出来ますのでw

前の記事でも出ましたが、エマージェンシーブランケットを数枚数枚用意することをお勧めします。
防寒、防風、防水は元より暑さ対策にも使えます。またカーテンのない車(あっても遮光じゃない)場合には窓を埋めることで外からも見えなくなるので着替え等も簡単に出来るようになります。

簡易トイレも重宝します。今回利用したテント設営可能駐車場は芝生・・・というか草が生い茂っています。ある程度刈り込まれてますが、離れたトイレに朝夜に行くとなると露で足元がかなり濡れてしまいますし、仮設トイレなので臭いが大変なことになっていますので、悪臭の中にいなくても済むようになります。但し、「大」は意を決して仮設トイレを利用するか、買い出し先のお店を利用しなければならないでしょう。

組立式なんてのもありますので、着替えテントを持ってる場合には車の隣においておくといいでしょう。

今時にキャンパーなら体拭きシートは必需品だと思います。夏場でシャワーもないわけですからね。それならついでにおしり拭きも用意してしまいましょう。

厚手なのでウェットティッシュよりも雑巾変わりにもなります。

クーラーボックスは必需品ですが、こちらにもオレ的ポイントがあります。今回はお互いにクーラーボックスを持ち寄りましたので2つとかなり重宝しました。どちらも30Lクラスでしたがかなり余裕がありました。
そこでポイントですが、2泊(1日半)と以外と長丁場でしたので保冷材は役に立ちません。板氷を2枚ほど入れておくのがベストです。氷はビニールから出したほうが冷えも持ちもいいような気がしますので、クーラーボックスにはドレン付きのものを選んだ方が賢明です。こまめに水抜きしてやったほうが、これまた氷の持ちがいいような気がしますので。板氷2枚で24時間は冷たいビールを飲むことが出来ました。途中の買い出しで氷を補充すれば尚よし!

カセットコンロやかん。前にも書きましたが荷物になってもいいのでアウトドア気分というかアウトドアぽくしたいならバーベキュコンロで炭を焚いてください。キャンプ用の立派なガスコンロもありますが、たまにしか使わない自分とってはカセットコンロで十分です。やれることは一緒だし、荷物にもならないですから。
100円ショップでアルミのレンジフードと焼き網を準備しておくといいでしょう。また、缶詰を直接コンロにかける場合に軍手でもいいですがウォーターポンププライヤーみたいなものもあると熱くなくて便利です。
荷物に余裕があり、洗い物も苦にならないならフライパンを持っていけば、調理の可能性が広がります。

大曲の花火でテント設営可能駐車場を利用するなら長靴も1足あった方がいいかもしれません。水場があるとはいえ草むらの中ににょきっと水道が出てるだけで排水設備はありませんから、水道の回りは水浸しです。水汲み係に履かせたらいいでしょう。

あとは荷室をちょっと小細工したら良かったかな?荷物をあっちに寄せこっちに寄せと、その時々で居住スペースを作る必要があったのでその労力が減ればさらにラクになると思われます。