[大曲の花火 その5] 帰りの道中

花火が終わって、寝る準備をして11時半には就寝です。寝不足だったし、散々ビール飲んでましたから、かなり気持ちよくなっていたので半ばダウン気味の就寝でした。

明けて25日(日)曇天・・・せっかくエマージェンシーブランケットを東のドア側に貼り付けたのに必要なかった感じです。どの位の効果があるか実感したかったのに・・・。それでも8時半までゆっくり寝ていられたのでよかったです。
周りはずいぶんと車の数が減っています。

そんなに急いで帰る必要もないので、とりあえず朝食の「カップラーメン」。それと夕べつまみしようとして買ってきたイカの姿焼きを炙り直して片付けます。
ダラダラと帰り支度を始めます。周りのテントを畳んでる人たちが何やら重労働をしているように見えて仕方なかった。「疲れてるだろうに、テント畳んで積み込みかぁ。大変だなぁ。」などと・・・。

ゆっくり片付け(そんなにないけど)をして、10時半頃に駐車場を後にしました。市内はまだ道路が混んでいます。もっとも都市部の人たちにとったら、そんな風には思わないかも知れませんけど・・・。

さて今日の目的地は「風呂」です。汗拭きシートなんかで汗を拭いているとはいえやはり風呂に入ってさっぱりしたい!
そこで帰り道からそんなにルートがずれない角館の温泉に行くことにしました。

角館の街中にあるはずという情報だけで角館の街中に突入。よくわからずぐるぐる回っていると「角館温泉 花葉館 11km」の看板が・・・そんなに遠かったか?

拡大地図を表示

看板を頼りに花葉館で無事入浴。すこぶるさっぱりしました。次は昼食です。カップラーメンやつまみしか口にしていない(花火当日の焼肉は忘れてください)ので食事らしい食事をしようということになり、角館の街中に戻ることしました。そこでも目的地の駐車場を中々探せず、ウロウロしていたら当初、入浴するつもりだった「かくのだて温泉」を発見。時既に遅し・・・。

車を停めて、一通り武家屋敷のある通りを散策・・・後で知ったんですが武家屋敷の中みるのは有料だと思ってましたが、むしろ有料の所の方が少ないんですね。まったく興味がないから知りませんでした。
温泉にも入ったし結構歩いたしで、かなり腹が減ってきたので、蕎麦と稲庭饂飩の店に入りました。

足りなかった・・・。その後で食べた「大たこ焼き」でお腹を満たしました。
その後、無事に帰宅した次第であります。荷物を片付けて部屋に戻ったのが6時過ぎでした。結構の長旅となり疲れましたが、満足度の高い旅でした。