[大曲の花火 番外編] 強者たち

23日の夜に駐車場で入場待ちで並んでるときに3、4台前に水洗式の仮設トイレ(ちゃんと貯水タンクも積んでました)を積んだ2tトラックがいました。「なんだ水洗式も準備してくれてるのか。アレなら臭いも大分ましでいいんじゃね。」等と話していたら、なんと自分(達)専用のトイレでした。
そのトラックの前にマイクロバスがいて、そのバスに何人乗ってテント何張り使ったのかまではわりませんでしたが、その人達がわざわざ運び込んだ仮設トイレでした。

今度は違う2tトラックですが、こちらも何人で来ていたのかわかりませんが、トラックいっぱいにテントやらタープ、調理器具を満載して、まるで軍隊の作戦本部さながらの快適設備を設置していた人たちもいました。個人的には設置と後片付けが大変そうなので、持っている道具類には興味を惹かれましたが、やらないなぁ。と感心していましました。

自分たちの隣に陣取った若者4人グループ。花火の当日24日の炎天下の中、20個か30個入りの卵のパックを外に出したまま出かけていました。自分達が出かけた10時半から帰ってきた1時半まで同場所にあったし、彼らがテントに戻ってきたのが3時〜4時頃だと思うのでそれまで太陽に照らされていたと思います。確実に卵はやられてますね。ほとんど手を付けていないようだったので、もったいないこと、もったいないこと。

ウチは車中泊で車1台だったわけですが、結構テントを使っている人やバーベキューコンロを使っている人たちがいました。当たり前と言えば当たり前ですが・・・。
そして、日中はやはり買い出しに行ったり花火会場へ行って場所取りしていたようです。花火大会のときの駐車場はほとんど人はいませんでしたから。かなり無防備にほったらかしで出て行くんですねぇ。驚きました。
普通のキャンプよりも車やテントから離れる時間が長いので、もう少し荷物の管理なんかはちゃんとした方がいいのではないだろうか。「大丈夫。大丈夫。誰もとらねぇよ。」と、みんないい人と思っているのはちょっと危険だなぁと。
もっともウチも車に鍵かけているとは言え窓割られたりしたら一緒なんですけどね。