sambaを使ってデータをサルベージしてみる

富士通製のWinXP機が電源を入れてもうんともすんとも言わなくなったから見てくれと頼まれました。
実際に電源を入れてみると、確かにうんともすんとも・・・すんくらいは言うかな。
モニタに何も表示されません。富士通のロゴも出ないしHDDにアクセスしている気配もない。BIOSをいじることも出来ないとなんとも、二進も三進もいかない状態なのでこれは修理じゃないと、ちと手に負えない。

修理に出すのは構わないがデータが無くなっては困るというお決まりのバックアップを取っていないというパターンです(故障は電源系かMB絡みのような気がするので、HDD交換やリカバリとかはしないと思うけど)。

取り敢えずデータ救出のために借りてきました。BIOSが起動できる状態で起動ドライブの変更が可能ならば1CD(DVD)Linuxを起動させてUSBメモリなりにデータを退避させてお終い(HDDが大丈夫なら)となるのですが、今回はBIOS自体も立ち上がらないという悲惨な状況なので、まずはPC本体をバラしてHDDを取り出します。そのHDDを現在自分が使っているPCのものと交換(どうせ1CD(DVD)Linuxを使うので元々のOSなんかはなんでもいい)。CD/DVDブート出来るようにしてLinuxを起動してやります。

今回はKNOPPIXを使いました。対応しているハードウェアが多いという話を聞いたことがあるので選択してみました。あとUbuntuなんかでもいいんだけど、マウントされたHDDへのアクセスが面倒だったりしますので、すぐにフルアクセス出来るということでもKNOPPIXが無難だと思ったわけです。
無事に起動し、HDDにもアクセス出来ます。ここまで来れば、なんとか目処がたちます。後はバックアップメディアをどうするかです。

  • USBメモリを使うのがもっとも手っ取り早いでしょうが、手持ちでは容量が足りませんでした。
  • DVDにコピーといってもドライブは、KNOPPIXで塞がっています。外付けのスーパーマルチをUSBで繋いだが認識せず(させれなかった)。
  • 共有フォルダでネットワーク越しに退避させるというのしか思いつきませんでした。

KNOPPIXの場合sambaが最初から使えるし、2階の自室のUbuntuにもインストールして共有設定してあるので、おそらく大丈夫でしょう。

まず2階の自室にいき、Ubuntuの共有フォルダにサルベージ用のフォルダを作って読み書き出来るようにしました。KNOPPIXからは見えるのに、Ubuntuからは見えなかったので、KNOPPIX→Ubuntuに送ることにします。Ubuntuを再起動なりログオフすれば見えたかもしれないけど・・・。

設定が終わったらKNOPPIXでsambaを起動してサルベージしたいブツをUbuntu(Winの方がラクだと思う)に放りこみます。あとはひたすら待つのみ。
DVDに焼いて渡してやりましょう。
最後にHDDを自分のものと交換して、故障機を元に戻してやります。これで修理でリカバリされても、搬送中にデータが飛んでも、ソフトウェアのインストールさえすれば簡単に復旧できます。

自分自身、別メディアにバックアップを取るという行為を殆んどしていません。HDDのパーティション分けたり、データ用にはHDDを別にしたりする程度です。HDD自体が壊れたり、PCそのモノに電源が入らなくなったら苦労してしまいますね。
ある程度のブツはGmailで添付して自分宛に送っておいたり、オンラインストレージを使ったりしてますが・・・。

もっともそれほど重要なものが無かったりするので、また作ればいいかとか、またネットからダウンロードすればいいか、と開き直ってます。