ラグビーW杯、日本1次リーグ敗退

ラグビーのワールドカップフランス大会第11日の20日(日本時間21日)、1次リーグB組の日本はウェールズに18—72(前半11—29)で敗れた。日本は3連敗で同組4位以下が確定、6大会連続の1次リーグ敗退が決まり、3位以上に与えられる次回出場権も得られなかった。

asahi.com:日本、ウェールズに敗れ1次リーグ敗退 ラグビーW杯 – スポーツ

日本(前11 後7)18-72(前29 後43)ウェールズ

やっぱり負けてしまいましたか・・・。この試合、秋田では放送がなかったようです。もっとも試合放映が遅すぎるので、観てはいなかったでしょうが。

これで次回も予選からのスタートが確定しました。それにしても予選上位3チームが次回出場権が得られるっていうのもすごい話ですねぇ。参加20チームのうち12チームが決定してしまうわけですから。

しかも次回からは参加国を減らすというような話も耳にしていますし、厳しいものになりそうです。

さて、この試合の方ですが、前半1時逆転という場面もみられたようですが、その後は点数をみるかぎりワンサイドゲームですねぇ。

こうなるとフィジー戦の敗北がやはり、悔やんでも悔やみきれません。そして、フィジー戦に大畑がいなかったことが・・・。

残されたカナダ戦で日本の今大会初勝利を願って応援します。