デル日本法人のWebがFirefoxに正式対応

デル日本法人のWebサイトがMozilla Firefoxに正式に対応した。これまではトップページなどは閲覧できたが、発注ページはInternet Explorerしか対応していなかった。

デルのWebサイトがFirefoxに正式対応、3年前からの依頼実る − @IT

やっとかぁ。といった感じですね。Linux+Firefoxで利用する機会が多いのでIE専用というのは非常に困りますからね。

8月24日付けのデルの「サイト使用条件」にはIE、OperaとともにFirefoxの名称がある。

とありますが、正確にはいつから対応したのでしょう?7月20日のうちの記事にFirefoxでも何時の間にかみれるようになってる。なんてのがあります。発注ページというのがどこを指すのかわかりませんが、この時はカスタマイズページを使うことは出来ていました。それ以前は「IEをお使いください」のメッセージが出ていたはずです。

デルは「ユーザー側のサポートや安全性、安定性を考えると、発注画面で利用するWebブラウザはメインストリームのブラウザでないと不安があった」と説明。国内でもFirefoxのシェアが高まり、利用が広がってきたことで対応したと語った。

メインストリームのブラウザでないと不安があった。ってデルともあろう御方が。。。デルクラスなら不安を取り除いて対応してもよさそうですが?まぁFirefox使ってるヤツ少ないし面倒だからいいんじゃね?って感じがしますねw

デルPCのリカバリーイメージ内蔵ってのはどうにかなりませんかねぇ?HDD逝ったらディスク交換後はリカバリー出来ないし、LinuxがメインでWinあればというときに仮想化として遊べないないし。リカバリーはやっぱり別メディアになってるのがいいですねぇ。