ラグビーW杯、決勝はイングランド vs 南アフリカ

いよいよ大詰めのラグビーW杯フランス大会。

決勝は準決勝で開催国のフランスを逆転で破り史上初の2連覇を狙うイングランドと2回目の優勝を狙う南アフリカの対決となりました。

ニュージランドもオーストラリアも準決勝に進めなかったことや、アルゼンチンがベスト4まで登りつめたという波乱に満ちた大会です。
以前、ラグビーは番狂わせが非常に少ないスポーツだと書きましたが、まったくもってウソつきになってしまいましたねぇw
しかし、観ている方にとっては、面白い!

さて、決勝戦ですが、どっちが勝つでしょう?個人的には南アフリカに勝ってもらいたいですねぇ。イングランドのプレースタイルはどうにも好きになれません。

W杯での獲得得点記録を塗り替え続けるイングランドのウィルキンソン。彼のキックはまさに精密機械!その技術は尊敬に値するものですが、やはりもっとトライで点数をとるラグビーが観たい!

南アフリカはこれまでの各国も対策したであろうウィルキンソンのキックをいかに封じ込めるかが自分達のペースを掴むカギになってくるんでしょうねぇ。
10mライン付近から自陣内ではペナルティを犯さぬよう細心の注意が必要だろうし、ウィルキンソンへのプレッシャーも忘れてはいけないでしょう。もっとも他のプレーもしっかりしているからウィルキンソンのキックが活きてくるんですがね。

イングランドはかつて(いつだったか忘れたけど、確か自国開催の時?)、とにかくキックで、ハイパントやロングフィードで敵陣に入り込み相手が反則を犯すとすかさずペナルティゴールで点数を積みかせね、ブーイングの嵐の中、決勝まで登りつめたが決勝で戦術をかえて敗れた(この認識があっているのかわからないが、個人的にはそう解釈しています)経緯がありますから、今回は戦術の変更なく、貪欲に2連覇をを狙ってくるものと思います。

熱く面白いゲームが観られたら一番ですね。
そして、決勝より先に行われるフランス vs アルゼンチンも中々面白そうです。