ダウンローダーのAriaの日本語フォントが汚い

ごく稀にしか使うことのないダウンローダーですが、やっぱりあると便利です。レジュームが出来たり、リストを管理したりと、大きいファイルのダウンロードには重宝します。さらにFirefoxにFlashGotを組み合わせると、右クリックからダウンローダーを起動させることが出きるのでイイ感じになります。

Ubuntuの場合、パッケージマネージャでAriaを検索してインストールするのが一番ラクだと思います。FlashGotもAriaをインストールした後で、インストールすると最初からAriaを認識しているので手間がかかりません。

Ariaも最初から日本語表示になっているので、簡単に利用することが出来るのですが、困ったことに、その日本語のフォントがすこぶる汚い。

オプションなんかをいろいろ眺めてみたけど、フォントを設定するような箇所もないし、言語選択するようなところもみあたらない。もしかして探せてないだけかもしれないけど・・・。

これだとシステム全体でせっかくキレイなフォントを使っているのにちょっと悲しい気分になります。

どうにかフォントを別のものにして当たり前に表示できるようにしたいものです。

“ダウンローダーのAriaの日本語フォントが汚い” への2件の返信

  1. Ariaというのは使ったことがないのですが、GTKのアプリみたいですね。GTK2のアプリはフォントが綺麗なのですが、GTKではスケーラブルなフォントに対応していないみたいですね。同様にDilloやXmmsでもフォントはジャギーです。

  2. コメントありがとうございます。
    なるほどGTKのアプリということが原因でしたか。確かにXmmsもフォントが綺麗ではありませんでしたね。

    CompizとかDockだとかで見た目がドンドン綺麗になっていくので以前よりもフォントのジャギーさが目立ってしまうのが残念です。

    今後の発展に期待したいと思います。
    もっともいろんなものを探して自分好みに仕上げていくのもUbuntuの楽しみですが。

コメントは受け付けていません。