Linux版Prismでのwebappでの利用方法

code_air_edgeさん(Linux奮闘中! -某OSとも共存-)にコメントで教えてもらいました。

まずはwebappを用意します。
http://wiki.mozilla.org/WebRunner#Bundles
にGoogleサービスの物が用意されていますのでダウンロードするのが簡単。Bookmarkletを使って自分で作成してもいいでしょう。

自分の場合はダウンロードしたwebappをprismフォルダ内に移動させました。

  1. 端末を開きwebappのあるフォルダに移動する。
  2. $ /prismを保存したディレクトリ/prism -webapp gmail.webappを実行する。
  3. 起動したprismの右下の歯車のアイコンから、Install to Desktopでデスクトップにショートカットが作成される。

上のアドレスからダウンロードしたwebappには最初からアイコンがセットされているのでInstall to Desktopをすればデスクトップのアイコンも変更されます。

アイコンが変更されるといつくもprismを使ってもすぐに見分けがつくので便利です。
ただし、ダウンロードしたgmail.webappではアイコンが小さすぎてデスクトップに置いておくにはちょっときついです。アイコンの引き伸ばしをしても元が小さいので粗くなってしまいます。

それでも、ウィンドウの左上に表示されるアプリアイコンはきちんとGmailになりますので、これはこれで便利です。
そこで苦肉の策として、デスクトップのアイコンをGNOME側で変更してやることにします。せっかくなのでGmailアイコン(というかはわかりませんが)にしたいので、アイコンを用意しないといけませんが、こんな使い方はよいのかわかりませんが、自分の場合は話題のgOSをダウンロードしてあったので、その中から拝借しました。