RSSの未読数はやっぱり怖い・・・

RSS の未読数が怖くなくなる、疑似スマートフォルダの作り方 | Lifehacking.jp

Google Readerのフォルダ機能を使って、スマートフォルダみたいなものを作ってしまおうというものですが、自分でも以前にRSSの未読が増えて気になったときに、似たようなことをしていました。

BoozerBlog – RSSリーダーの分類はどうしてますか?

ウチの場合はリーダーがフレッシュリーダーを使っているので複数のフォルダにいれることはできないので、ちょっと使い勝手が違ってきますが、分類方法として、

  • [頻繁](1日のうち何度か)
  • [毎日](1日に1回は)
  • [時々](週に2,3回)
  • [週一](週1回は)

といったようにしていました。その他にニュースやアクセス解析のようなフォルダもいくつか用意してみました。これの他に登録フィードを削ることによって随分と消費できるようになりました。

1日に1000以上のRSSを処理するわけではないので、それ程、多いというわけではないと思いますが、それでも、一つのフォルダに100以上の未読があると、目を背けてしまいますw

Lifehacking.jpの記事では1記事あたり1秒で処理してもという風にありますから自分が1記事を処理する時間が遅いということもわかりました・・・。これからはもっと迅速に処理しようと・・・。

やっぱり自分の場合にはフォルダに100以上の未読があると「怖い」という感覚になってしまいますねぇ。別に未読があっても平気なんだと思えるようにならないといけません。

それと、特にニュースなんかの場合、登録してあるサイトによっては、ダブリがかなり出てきます。かといって、どれか一つのサイトのRSSだけに絞るというのもちょっと違うような気が・・・

Googleニュースあたりを使って、なるべく同じ内容のニュースが出ないようにしないといけないかもしれません。