QuicksilverライクなランチャGNOME Do

Open Tech Press | GNOME Doのもたらすアプリケーション/ファイル検索の新境地

この記事でも紹介されているように、以前にKDE用のKatapultをインストールしたことがありましたが、ちょっと重くてウチの環境では使い物にならなかったことを記憶している。

GNOMEにはやっぱりGNOMEアプリということで、Katapult同様の機能を持つGNOME Doをインストールしてみました。

インストールには
deb http://ppa.launchpad.net/rharding/ubuntu gutsy main
deb-src http://ppa.launchpad.net/rharding/ubuntu gutsy main
をソースリストに追加後、パッケージマネージャなり端末でGNOME Doをインストールできるようになります。

インストール後は
端末で「gnome-do &」と入力するか、メニューのアプリケーション→アクセサリから起動することが出来ます。
起動させたらスーパー+スペースキーで呼び出すことが出来、アプリケーションなりの頭文字を入力すると候補が表示されるということになります。

動作は軽快で、操作もシンプルだし見た目もキレイです。もっともこの手のアプリをわざわざインストールしなくてもUbuntuには「アプリケーションの実行」というものがあるので、それで事足りると言えばそれまでですが・・・。

普段マウス操作ばかりしている自分にとっては、どの程度活用できるかわかりませんが、Dockにはもっとも頻度の高いものと、GNOME Doでどうやって起動させたらいいかわからないPrismを並べて、その他はGNOME Doで起動なんて感じで使ってみようかと思います。

日本語も通ればいいのだけど。