「Woopra」Linux版を使ってみた

承認メールが届いてしばらく経ちましたが、やっとインストールしました。

アクセス解析をするほどの内容や規模のブログではありませんが、Linuxアプリのものは試しとということで・・・「Woopra」という無料のアクセス解析ツールに手を出してみました。

無料アクセス解析ツール「Woopra」のダウンロード版がすごすぎる|WEBマーケティング ブログ

以前こちらで紹介されているのをみて、Linux版もあるし、Google Analyticsにはない「リアルタイム解析」もあるということだったので、登録してみました。

登録から利用方法までは、上記サイトが詳しいです。

現在はβ版での提供で、1日1万PV以下ということが無償使用の条件になり、サイトの認証までに最大7営業日かかるようですが(※このブログは2営業日かかりました。)、試してみる価値はかなりあるのではないでしょうか。

「1日1万PV以下」って条件は楽勝です。あまりに情けない数字で公開するなんてもってのほかなのでナイショにしておきますw

「サイトの認証までに最大7営業日」・・・もっとかかったような気がする。なんか忘れたころにメールがやってきました。しかも、メールが届いた日に、認証ページにアクセスしようとしたらサーバーが混んでいるのか、繋がらなくてしばらく放置していました。

さて認証作業が済んだら、いよいよ設置なわけですが、WordPressの場合は解析タグを全ページ埋め込むなんて、面倒な作業も必要ありません。

Woopraプラグインが用意されてます。
Woopra WordPress Plugin (Stand Alone)

ダウンロードしたプラグインを解凍してアップロード、有効化というお決まりの手順て、ダッシュボードのタブに「Woopra」が出現。「Website ID」を入力して「Update」ボタンをクリックして保存して完了です。とっても簡単です。

さて、お次はアプリのインストールです。Linux版「woopra_unix.sh」をダウンロードして、イザ!インストール。
インストール出来ん!!

gzip: sfx_archive.tar.gz: not in gzip format

I am sorry, but the installer file seems to be corrupted.
If you downloaded that file please try it again. If you
transfer that file with ftp please make sure that you are
using binary mode.

なんだ?ファイルのが壊れてるのか?もっかいダウンロードしてみても同じ・・・。困った。

Problem with Linux Desktop Install « Woopra Forums

フォーラムにずばり同じ症状が載ってました。もちろん解決方法も^_^

wget http://static.woopra.com/woopra_unix.sh?anti-cache=12398794379
mv woopra_unix.sh?anti-cache=12398794379 woopra_unix.sh
chmod 777 woopra_unix.sh
./woopra_unix.sh

ファイルのアクセス権の問題でしょうか?ともかくこれでインストーラーが立ち上がりました。とりあえずお試しなのでホームディレクトリに新しいディレクトリ指定してインストールしました。

確かに日本語が化けるところもありますが、概ね良好です。インストールしたPCのスペックがしょぼいので、ちょっと重いですが、今流行りのスペックなら軽快でしょう。

ちなみにインストールした環境はUbuntu7.10です。8.04にもインストールしようとしましたが、javaがないと怒られてインストール出来ていません。パッケージマネージャからjava関連インストールしたんだけどなぁ。

Woopraは見た目もキレイだし、リアルタイム解析をしてくれるので見ていて飽きませんw
アクセスを増やしてリアルタイム解析にもっと動きがでるようにしたら、さらに楽しいかも!ということで、アクセス増やすように頑張ってみる?

“「Woopra」Linux版を使ってみた” への1件の返信

コメントは受け付けていません。