Google Browser Syncがオープンソース化

Firefox 2までの対応で、しかも、2008年いっぱいでそれも終了してしまうことが発表されたGoogle Browser Syncがオープンソース化されたそうです。

Google Browser Sync、オープンソース化 | エンタープライズ | マイコミジャーナル

Googleは8日(米国時間)、Google Browser Syncをオープンソースソフトウェアとして公開したと発表した。Software Engineering Team and Browser Sync DeveloperのAaron Boodman氏は発表の中で、Google Browser Syncのオープンソース化はこれまでも計画されていたと説明している。

これは期待してもいいのでしょうか?Firefox 3で不便に感じるのが「同期」の問題でした。ブックマークだけなら代替ツールはありましたが・・・。

そこで期待を寄せたのがmozilla labsのWeaveだったわけですが、Ubuntuでは今のところ思うような動作をしてくれません。

Google Browser Syncの代替サービスとしてはMozilla LabsのWeaveが期待されたが、まだ実験的提供にとどまっている。特定のプラットフォームでは動作せず、アクセスが集中して使えないことも多い。

アクセス集中で使えないこともあるんですねぇ。

Google Browser Syncはbrowsersync – Google Codeに おいて公開されている。ライセンスにはThe BSD License (3条項版)が採用され、Subversion経由で取得できる設定になっている。公開するにあたって名称はGoogle Browser Syncから「Browser Sync」に変更されたようだ。ただし公開されたソースコード内部ではGoogle Browser Syncの名称がそのまま使われている。

今後の展開に注目したいですね。
もっとも、この手のモノはいくらデキが良くても提供先がよくわからんようなところだとちょっと手を出しにくくなると思いますが。

だからと言ってGoogleなら大丈夫ってこともなかったわけですがね。

早めに提供が始まればいいですねぇ。これでWeaveも刺激を受けて開発速度が上がるとかなればおもしろいかも。