UbuntuにCanon MP520をつないでみた

Ubuntu 8.04ではCanonの純正ドライバをインストールすることによって、プリンタもスキャナも利用することが出来ました。

おそらく7.10のときにドライバをインストールしてもうまくいかなかったと記憶してますが、キャノンのダウンロードページを見ると「7.04」の文字があります。なんで動かなかったんだろう?

今回もCanon LBP3210を繋ごうとしたんだけど、やはり、どうにもこうにも動かすことが出来ずXPに繋いであるCanon MP520ではどうなのよ?8.04と思ってインストールしてみました。

IJ Printer Driver Ver.2.80 for Linux(プリンタ)

ScanGear MP Ver.1.10 for Linux(スキャナ)

どちらも.debパッケージがあるのでダウンロードしてインストールとお手軽です。ただし、「共通パッケージ」と「機種別パッケージ」あり、「共通パッケージ」を先にインストールする必要があります。

まずは、プリンタからインストールしてみました。
インストール完了後にプリンタの電源を入れて、[メニュー]→[システム]→[印刷]でプリンタの設定を起動させると見事にMP520の文字が・・・。テスト印刷をしてみるとすんなりと印刷されました。当たり前なんだけどうれしい。ただ、ちょっとページが左に寄っている。これはあとで余白の調整とかしてみましょう。

次にスキャナのドライバをインストール。こちらも「共通パッケージ」から。
インストール後、スキャナはどこで設定するのかしら?と悩む。Ubuntuにスキャナを繋いだのは今回が初めてなのでよくわからん。[メニュー]→[アプリケーション]→[グラフィックス]に[XSane Image Scanner]というものを発見。ポチっとクリックしてみます。

認識されてません。とりあえずPCを再起動・・・。いっしょだ。

どうやってスキャンするんだよぉ

うむ。こいつはそもそも今回インストールしたドライバなんかとは別モノだから当たり前なんですね。スキャナ専用機なら自動認識するのかな?

どうやって使うのかと思っていたらGIMPから使うんですね。

これでめでたくスキャナも使えるようになりました。

でも、MP520はXP機に戻さないといけないんですねぇ。LBP3210と交換してくれないかしらん。