Ubuntu 8.04.1 LTS 日本語版公開

Ubuntu 8.04 LTSのメンテナンス・リリースであるUbuntu 8.04.1 LTSの日本語ローカライズ版が7月26日に公開されたようです。

日本語版のUbuntuに新版が登場,収録されたFirefoxが3.0の正式版に:ITpro

Ubuntuの日本語版を開発するUbuntu Japanese Teamは2008年7月26日,最新Linuxディストリビューション「Ubuntu 8.04.1 LTS 日本語ローカライズドDesktop CD」をリリースした。Ubuntu 8.04.1は,5月公開の「Ubuntu 8.04 LTS」のメンテナンス・リリース。メンテナンス・リリースとは,収録ソフトウエアをアップデートしたインストール・イメージを定期的に更新すること。 Ubuntuプロジェクトは7月上旬に,8.04.1の英語版をリリースしていた。

記事にもあるように、メンテナンス・リリースは収録ソフトウェアをアップデートしたものなので、新たにUbuntuをインストールする場合にはアップデート作業が若干楽になります。

今回のメンテナンス・リリースでは、8.04でベータ版だったFirefoxが3.0の正式版になったのが1番大きいでしょうか?

通常、Ubuntuの場合、半年毎に新バージョンが公開されるためメンテナンス・リリースをダウンロードしてCDを作成しなくても通常のアップデートで十分なわけですし、半年の間に頻繁に再インストールするような状況もありませんが(素人なのに、調子にのってアレコレやって起動しなくなったりとか元に戻せなくなったりとか、ワタシのようにアホなことをしていると再インストールを何度もしますが・・・)、Live CDで使用する場合はなるべく新しいものを使う方がいいでしょうし、現バージョンの8.04はLTSでサポート期間が長い(2011年4月まで)ので、安定した慣れた環境を長く使いたい場合には、万が一の再インストールに備えてメンテナンス・リリースを準備しておくといいでしょう。

イメージのダウンロードもtorrentを利用すれば高速で終わりま。

これからUbuntuを使ってみたいという場合にはUbntu 8.04.1 LTS 日本語ローカライズ版をダウンロードするのがいいでしょう。

Ubuntu 8.04.1 LTS 日本語ローカライズド Desktop CD リリース | Ubuntu Japanese Team

“Ubuntu 8.04.1 LTS 日本語版公開” への2件の返信

  1. 8.04.1を入れてみたのですが、私のPCの環境では終了時に大量のエラーメッセージ?がでます。
    以下のサイトを参考にカーネル「2.6.24-19-generic」から「2.6.24-20-generic」に入れ替えたところ
    起動画面と同じ表示になり、気分がいいです。
    参考までに

    Ubuntuどうでもいい小技集
    http://www.geocities.jp/ubuntu555/

  2. 8.04.1をつかってましたが、
    再インストールしてカーネル変えずにしばらくしたら
    終了時にでていた大量のエラーメッセージ?が
    いつの間にか消えました。。
    気分がいいです。
    参考までに

    Ubuntuどうでもいい小技集
    http://www.geocities.jp/ubuntu555/

コメントは受け付けていません。