Ubuntu 8.04.1 LTS 日本語版公開

Ubuntu 8.04 LTSのメンテナンス・リリースであるUbuntu 8.04.1 LTSの日本語ローカライズ版が7月26日に公開されたようです。

日本語版のUbuntuに新版が登場,収録されたFirefoxが3.0の正式版に:ITpro

Ubuntuの日本語版を開発するUbuntu Japanese Teamは2008年7月26日,最新Linuxディストリビューション「Ubuntu 8.04.1 LTS 日本語ローカライズドDesktop CD」をリリースした。Ubuntu 8.04.1は,5月公開の「Ubuntu 8.04 LTS」のメンテナンス・リリース。メンテナンス・リリースとは,収録ソフトウエアをアップデートしたインストール・イメージを定期的に更新すること。 Ubuntuプロジェクトは7月上旬に,8.04.1の英語版をリリースしていた。

記事にもあるように、メンテナンス・リリースは収録ソフトウェアをアップデートしたものなので、新たにUbuntuをインストールする場合にはアップデート作業が若干楽になります。

今回のメンテナンス・リリースでは、8.04でベータ版だったFirefoxが3.0の正式版になったのが1番大きいでしょうか?

“Ubuntu 8.04.1 LTS 日本語版公開” の続きを読む