WordPressのアップグレードを楽にしてくれるWPAUプラグイン

WordPressのアップグレードって結構な手間のかかる作業です。本当ならバックアップをとって、プラグインを停めて、テーマをデフォルトにして等など手順がいっぱいです。

自分なんかは、いきなり上書きアップロードなんて暴挙に出ることもしばしば・・・

Open Tech Press | WPAUプラグインで楽々WordPressアップグレード

WordPress Automatic Upgrade Plugin(WPAU)は、WordPressアップグレードプロセスの複雑なステップを自動処理することで、このタスクを大幅に簡素化、高速化、高信頼化する。

このプラグインを使えば、管理画面からWP本体のアップグレードが出来るというのでちょっと興味があります。

ファイルやデータベースのバックアップを順番に進めたり、最新版のWPをダウンロードしたり、メンテナンスモードになったりと、これまで別々のアクションをしなければならなかったものを一つの流れで行えるのはいいですね。

ただし、あくまでも本家版のダウンロードを行うということなので、日本語版の場合には日本語リソースを追加してやる必要が出てくるんでしょうね。

日本語版をダウンロードして作業を進められたら間違いなく導入します。

現在のWPAUリリースでは、最新バージョンのWordPressをwordpress.orgからダウンロードするだけで、ローカルマシンからアップロードするオプションは用意されていない。

とあるので、アップロード自体は手作業なら日本語版をダウンロードしておけばいいのかな?

wordpress.orgをja.wordpress.orgに変えてやればいいような気もするけどファイルをどう編集したらいいかわかりませんw

次回のアップグレードにいろいろ試してみたいと思います。