「Google Chrome」がブラウザシェア1日で1%

話題のGoogleブラウザ「Chrme」ですが現在はWin版しか提供されいないので、ウチのUbuntuでは試すことが出来ませんでしたが、XPで少し触ってみました(Wine使ったらどうよ?と思いましたがやっぱダメだったw)。軽いし速いしなかなかでしたね。

そんなGoogle Chromeが、リリース1日でブラウザシェアの1%を獲得したというニュースがありました。

Google Chrome、1日で1%のシェア獲得 – ITmedia エンタープライズ

米Googleの新ブラウザ「Google Chrome」がリリースから1日で、ブラウザ市場で1%のシェアを獲得した。アイルランドのWeb分析会社StatCounterが報告した。

1社の報告なので、どの程度、信頼していいかwかりませんが、

同社は9月3日に利用されたブラウザの世界シェアを、1850万ページビューを対象に調査した。その結果、Chromeのシェアは1%で、Internet Explorer(IE)は70%、Firefoxは22%だった。

Firefoxが22%になっているのをみると、あながち信頼性に欠けるわけでもなさそうです。巷で言われているFirefoxのシェアがやはり20%前後ですから。

ページビューを対象にした調査ですから、実質のユーザー数が1%というわけではないでしょうが、18万5千ページビューがChromeからということになりますね。世界中のページビューなら何億ということになるでしょうから、やはりすごい1%といえどもすごい数字です。やはり、恐るべしGoogle。

“「Google Chrome」がブラウザシェア1日で1%” の続きを読む