Zoteroの保管場所をDropboxにしてみた

FirefoxのアドオンにZoteroという高機能メモのようなものがあるということをMOONGIFTを見て知りました。

MOONGIFT: » 要チェック!ブラウザを使った新しい情報調査&管理ツール「Zotero」:オープンソースを毎日紹介

気になった情報をメモしておいたり、書籍をコレクションしておいたりするのに便利なソフトウェアがZoteroだ。Firefoxアドオンとして動作し、ソースコードも公開されているオープンソース・ソフトウェアだ。

このアドオン自体は結構前から存在しているようで、単に自分が知らなかっただけだった。

記事を書いていると、インターネットや書籍を参考にさせてもらったり、引用したりするケースは多々ある。それはブログの記事、雑誌向け、論文など様々な ケースが存在するだろう。それらの情報を管理するのにSBS(ソーシャルブックマークサービス)を利用する手もあるが、タイトルとURLだけでは後で見返しづらい。

確かに、ソーシャルブックマークにタグを付けてポイポイとクリップするのは手軽ではあるけど、関連性がタグ頼みなったり、タイトルだけだと分かりにくかったりする。特に、ソーシャルブックマークを公開設定しているような場合だと自分でわかりやすいタイトルにするというわけにもいかないし。

これまでも、ブログネタをクリップしてはアウトプット出来ていないので、自分にとってはどれほど効果があるかわからないが、ちょっと使ってみようと思う。

さて、このZoteroは「メモ」をローカルに保存します。まぁ、当たり前なんですけどね。単純にローカルに保存してしまうと当然他のPCからは確認することが出来ず、その都度エクスポートとインポートを繰り返すのも手間で仕方ありませんね。そういったところではソーシャルブックマークの方が便利だと言えます。

せっかく分類のし易さからZoteroを使うことにしたのだから、他のPCでも同じメモを利用したいものです。で、保存場所(Zoteroでは保管場所)をデフォルトからDropboxのフォルダにしてみました。これで、DropboxZoteroをインストールしたPCならば同じメモを活用できるはずです。

Dropboxはリアルタイムで同期しますが、Zoteroはそうはいかないようで、例えば2台のPCどちらもFirefoxを起動していて(そんな状態で使う必要があるかわかんないけど)どちらかからZoteroにメモを保存しても、もう一方にはすぐに反映せずFirefoxを再起動すると、見事に反映されています。

これで仕事場でメモしたものを自宅でも確認出きるようになりました。と、知ったばかりのサービスやソフトウェアで「遊んで」満足しているわけですが、Googleノートブック使えばよくね?と思ってしまったわけです・・・。

Zoteroの方が使い易いって人は、Dropboxと合わせてみると、そこそこイイ感じですよ。と・・・。ただし、Dropboxの無料サービスの場合は2GBまでですが。