「Adobe Air for Linux」のベータ版が公開

Adobe、「Adobe AIR for Linux」のβ版を公開 – ITmedia エンタープライズ

米Adobe Systemsは9月16日、RIA(リッチインターネットアプリケーション)プラットフォームAdobe AIRのLinux版「Adobe AIR for Linux」のβ版をリリースした。Adobe Labsのサイトからダウンロードできる。Ubuntu 7.10、Fedora 8、openSUSE 10.3に対応し、日本語を含む11言語をサポートする。

Ubuntu 8.04でもインストール出来ました。ただ、インストール時に何がいけなかったのか、ダウンロードした.debを右クリックしてプロパティを開き、「アプリケーションで実行」をチェックしても開けなくて、コマンドラインからインストールしました。

WindowsおよびMac向けAIRのバージョン1.1で動作するAIRアプリケーションは、DRM関連のものを除きLinux版でも動作する。

やはりベータになってこれまでより使えるAIRアプリが増えたんだろうと、期待していたわけですが、

Adobe – Adobe AIR: Showcase applications

ここにあるようなものをインストールしようとすると「あんたのシステムにゃ、AIRがインストールされとらん」と表示されてAIRアプリをインストール出来ませんでした。ウチのFlashの設定がおかしいのかな?Flashのサイト見れてるんだけど・・・。わかりません。

AIRアプリがパッケージでダウンロード出来るものについては、インストール出来ると思います。試してみたのが、twitterクライアントのtwhiri。これはアルファ版でもインストールして利用することが出来ていましたが、Flashのバグとかなんかで日本語が入力出来なかったのですが、ウチのUbutu 8.04の環境では日本語入力も出来ました。

AboutNico.be | Nicolas Lierman

ここにあるGoogle AnalysisのAIRアプリが使いたかったんだけど、ここもいつの間にかパッケージでも提供を止めちゃったみたいで残念ながら利用出来ませんでした。