アップデートマネージャのエラーはUltamatixが原因だったかも

連休前くらいから、Ubuntuのアップデートマネージャがエラーを吐いてアップデートが出来ない状態になっていました。

2台のPCともに同じ症状だったのでこれまたちょっと困ってしまったわけですが、面倒だったので、あと2週間もすれば8.10が出るし、どうせクリーンインストールだし放っておこうかなぁと思ったんですけど、やっぱり気になってエラーをよくよく見てみると、依存関係が満たせれてないとかなんとか・・・リポジトリの読み込みうまくいってないような感じです。

結論からいうとUltamatixのリポジトリがおかしかったようです。

赤く囲ってあるのがUltamatixのリポジトリなんですが、これのチェックを外すとエラーも吐かずにちゃんとアップデートしてくれました。

今更追加するパッケージもないのでチェック外しておいても問題ないわけですが、Ultamatixのサイトを確認してみます。・・・英語なのでさっぱりですw

なにやら”Ultamatix 1.8.0-4”というものが出ているので、これをインストールしてみることにしました。この時、Ultamatixのリポジトリのチェックを入れているとインストール出来ないので、チェックを外して改めてインストール。

インストール後リポジトリを確認してみると、チェックが入っています。それでもアップデートマネージャを起動してみても正常に動いているので、たぶんこれが原因だと思われます・・・。

違ってたりして・・・。