家以外で飲むならビール1杯でも届け出

最近、飲酒運転、酒気帯び運転による事故事件があとをたたない中、秋田県警では自宅以外で飲酒する場合には届け出るように通達をした。

asahi.com(朝日新聞社):外で飲むなら事前に届け出 秋田県警、厳し〜い通達 – 社会

ビール1杯でも外で飲む時は事前に届け出を——。秋田県警は職員に飲酒運転させないため、こんな通達を出した。同県警は5年前にも「深酒禁止令」を出した が、今年2月に巡査が酒を飲んで単独事故を起こし、根絶には「徹底監視」が必要と考えた。飲酒の報告を怠れば、たとえ運転していなくても所属長の口頭注意 が待っている。警察庁も「ほかに聞いたことがない」という。

届け出の中身も、そこまでやらなきゃいけないの?って程、厳しいものになっています。

県警が各所属長あてに10日に出した通知は「飲酒運転防止のための行動規範」。自宅以外で飲酒する場合、日時、場所、趣旨、出席者名を事前に所属長に書面で届け出るよう義務づけた。勢いで二次会に行った場合も事後報告を求めている。

また、酒を飲む人は個人で検知器を用意し、飲酒の翌日などに車を運転する際にアルコールの有無を確認しなければならないとしている。

デーとの時なんかちょっとイヤでしょうね。合コンなんてどうすんだろうか?誰がくるのかわからないなんて時は。

「合コンなので、出席者名が行ってみるまでわかりません。」

「それなら、事後報告だな!」

なんてことになるんだろうか?

二次会の場所も報告が必要なのかな?二次会なんてその時の流れだろうから、まず事後報告になるな。山本モナのようにホテルで飲んだなんてのは言えないよなぁ。

あとで、「届け出、報告が虚偽だった」なんてのが、たくさん出てくるんじゃないかな?

これって、翌日が休みでもやるんでしょうか?「明日休みだし、ゆっくり飲むかな」って場合も届け出してからじゃないといけないとなると、なんだか、ゆっくり出来そうにないです。

後輩で県警に勤務しているのがいるから、どの程度、実践されているのか聞いてみよう。きっとホントのことろは教えてくれないだろうけどね。