lifehackerの記事に刺激されて「Conky」を入れてみました

Linuxモニター『Conky』に、美しくもミニマリストな設定を : ライフハッカー[日本版], 仕事も生活も上手くこなすライフハック情報満載のブログ・メディア

システムモニタは常々、常駐させたいなぁとは思っていましたが、ウチの貧弱PCではシステムモニタにリソース喰われるともったいないってことと、意外と邪魔になってしまうので使っていませんでした。

しかし、Conkyならリソースの消費も抑えられ、壁紙と一体化させて表示出来るということでインストールしてみました。

もっともUbuntuの場合はパッケージマネージャからインストール出来るので、インストール自体は簡単です。今回はライフハッカーに載っているのが、あんまりキレイだったので、まんま表示出来るようにしてみます。

上記のライフハッカーの記事自体には導入方法がないので、

Gmail, Weather, Beauty on your Ubuntu Desktop | Quick Tweaks

こちらを参考にします。

.conkyrcやスクリプトにフォントをダウンロードして所定の場所に移してやれば基本的には完了です。Gmailの設定やHDDの温度表示のためのパッケージがないので、それらもインストール。

あとはGmailのアカウント情報と天気予報の都市を設定すればいいわけですが、普通に設定してやると華氏表示なってしまうので、ぜんぜんピンときませんw

そこで「pogodynka.sh」を開き

w3m -dump http://weather.yahoo.com/forecast/"$kod".html | grep -A21 "Current" | sed 's/DEG/°/g' > $plik

これを

w3m -dump http://weather.yahoo.com/forecast/"$kod"_c.html | grep -A21 “Current” | sed ’s/DEG/°/g’ > $plik

に変更してやります。ただし、このままだと数字の表示自体は摂氏になりますが、記号は華氏(F)のままで、ありえない気温になってしまうので、同じく「pogodynka.sh」を開き

echo $temp F / $tempo F

これを

echo $temp C / $tempo C

に変更して、めでたく摂氏で表示されました。

これでライフハッカーに紹介されているものと、ほぼ同じ状態になりましたが、使用しているフォンとの都合でGmailの表示に、未読メールのタイトルが表示されません。

conky – epian-wiki
Ubuntu 8.04+Compiz Fusion環境でConkyを設定する – Sickly Life はてな版
めも – Conkyを試す

ここら辺を参考に日本語フォントの設定をしてみましたがどうにもうまくいきません。日本語表示が出来ないとRSS読ませたりなんかも出来ませんのこれは、なんとかしないといけません。

最後に「Conky」起動方法ですが、スタートアップに追加するために、セッションにコマンド「conky」を登録すると自動起動にはなりますが、ウィンドウ枠が出てしかも常に最前面に表示されるようになってしまいます。これは今のところ仕方ないようです。

Ubuntu 8.04+Compiz Fusion環境でConkyを設定する – Sickly Life はてな版

こちらに対処方法がありました。