Win XPのリカバリに苦労した

このところ立て続けに、XP機のリカバリの依頼があって、依頼ってくらいだから仕事なわけです。そして、リカバリを頼むってことは、PCにあまり詳しくないってことが多いわけです。

この時、いくつか困ることがありまして、

  • リカバリを動かなくなる直前の状態まで仕上げてくれると思っている。
  • なんといってもバックアップをとっていない。

こちとら動かなくなったXPの状態しかみていないから、追加のアプリやら変更した設定なんて知らないわけなんですが、ここがはこうじゃなかったとか、アレが無いとか・・・まぁまぁ、かかる時間に対してしっかり払ってくれれば、いくらでもやますがね。でも・・・追加はっていうと文句言われるし、サービス悪いと思われます。サービスでネット接続とプリンタ接続やってんのに、まだサービスしろとおっしゃるか!

この手の、サービスの範囲とお金については、「付き合い」の多い田舎でよく困ったことになってしまいますね。

で、リカバリ作業で、どこまでやりますよと決まったら今度はデータのバックアップが無いと・・・。

住所録だの、お気に入りだの、画像だの音楽だのと・・・お決まりのパターンです。仕方ないので、何かしらのLinuxのLiveCDで起動させて、データ救出です。外付けのDVDやらUSBメモリやらに退避させてやるんですが、ちょっと古いPCだとUbuntuあたりだと重くて仕方ないので、Tiny MEを使ってみました。こりゃ軽くていいなぁとウィンドウズ領域にアクセスしてファイルをコピー。簡単でいいや。と思って別のPCのリカバリを頼まれたときもこの方法を使おうとCDから起動してウィンドウズ領域を開いて、いざコピー!って出来ない。ファイルの移動権限がないって怒られる。前と同じ手順でやってるのに・・・。

試しにUbuntu8.10を使ってみる。こちらはマウントすら出来ないので、当然中身をみることも出来ない。今のってCDで起動したらウィンドウズ領域マウントしてコピー出来るんじゃなかったっけ?

あれこれやってみるのは時間がもったいない。とりあえずPCお持ち帰り。PCケースを外して、HDDのコネクタ外して、USB接続のHDDケースでウチのWin機に接続。ファイルをコピーしてどうにかバックアップが完了。なんて力業でしょう。

で、苦労して(勝手に自分が苦労しただけなんだけどね)バックアップしたデータ。アナタならいくら払いますか?メディア代を含めて2、3000円なら、その程度の価値なら別になくてもいいデータじゃないのかい?と、決して口には出しませんが、このデータはアナタにとってそんなもんかいと・・・・。

今回リカバリを頼まれたPCはちょっと古いやつだったので、アホみたいにCD-ROMが付属していました。これはもう大変で仕方なかった。PCお持ち帰りしてきてよかったとつくづく思いましたね。

リカバリで困ったことが、そういえば他にもありました。住所録を年賀状ソフトで作っているんですよ。普通か・・・。オレだって、すべての年賀状ソフトのすべてのバージョン使ってるわけじゃないんだから、どれがデータかわかんないんだよぉ。調べてデータの格納場所を確認することになります。

それと、よくわからんアプリが入っている形跡がある場合・・・。バックアップするときに.jtdなんかがあったから、一太郎を用意しておかないといけませんよというと、あったかな?というお答えが・・・。誰某が持ってきて入れてくれた・・・。なんと恐ろしいことを。

改めてLinuxっていいなぁと実感できた仕事でした。