Linuxでも「プリントマジック」で年賀状が作れそう

LinuxというかウチではもっぱらUbuntuですが、年賀状作成って意外と大変だったんですね。これまでは・・・。

OpenOffice.orgも3.0になって縦書きが出来るようになったし、確かKDEには年賀状作成ソフトもあったはず。ただKアプリはちょいと重い。ずいぶんと、年賀状作成も簡単に出来るようになりましたが、もっと手軽に年賀状が作れそうです。

MOONGIFT: » 準備ははじめてますか?Adobe AIR製の年賀状作成ソフトウェア「プリントマジック」:オープンソースを毎日紹介

この手のソフトウェアで強いのはWindowsだ。Mac OSXでフリーウェアとなると選択肢は少ないように思える。スイッチャーにとっては不安かもしれないが、心配は無用だ。今年はプリントマジックがあるからだ。

プリントマジックはDayz株式会社によるフリーウェアで、Adobe AIRによる年賀状作成支援ソフトウェアだ。

この記事で重要なのはAdobe AIRを使ってるってこってす。

Linux版のAIRはまだベータですが、もしかしたら使えるかも?というか使えたらいいなぁくらいの気持ちでいざ配布サイトに。

無料のオンラインはがき作成ソフト「プリントマジック」

動作環境は、WinとMacとなっていますが、インストール出来ましたよ。インストールは出来たものの、AIRというかFlashでの日本語入力にはこれまで悩まされていたので、文字入力出来なくてコピペしないといけないかなと思っとりましたが、インラインで普通に入力が出来ました。

これなら簡単に年賀状が作れそう。作れそうっていうのは、データの作成まではやってみたけど、プリントはしていないから。すでにUbuntuでプリンタを利用している場合には問題ないと思います。

CSVのインポートも出来るので、Googleスプレッドシートにある住所録を読み込ませてみましたが文字コードの指定も出来るし、項目の選択も、1行目を無視することも出来るしで、ここまで出来るの?って感じです。

ちょっと差出人のデータの保存の仕方がわからず、エラーを吐きますが、差出人くらいならその都度打っても手間にならないのでいいかなと思ってます。

Linuxの方もそうではない方も、年賀状何で作ろうかなぁと思ってる場合は試してみるといいと思います。

“Linuxでも「プリントマジック」で年賀状が作れそう” への10件の返信

  1. ピンバック: プリントマジックはLinuxでも使える?
  2. ピンバック: Linuxで年賀状を創る
  3. Ubuntuでプリントマジック使ってみました。
    宛名印刷を試したところ、A4用紙への印刷はできましたが、
    はがきへの印刷ができません。
    (cupsで用紙設定をはがきにすると、何も印刷されず
    はがきがプリンタから出てきます。プリンタはDCP-750CN使用。)

    cups-pdfプリンタを使うと、用紙設定をA4以外にしても
    必ずA4サイズのpdfが出来上がります。

    あと、Vine4.2にはプリントマジックがインストールできませんでした。
    インストール時に、エラー番号0が出て落ちます。
    郵便年賀.jpのデザインキットはVineでも動きますが、こちらは
    印刷しようとすると落ちます。

    以上、動作報告でした。

  4. ありがとうございます。
    プリントのテストはA4用紙を使いまして、印刷出来たので、用紙サイズを「はがき」にすれば大丈夫だなと思っていました。

    ウチでもはがきサイズの用紙でプリントテストしてみたいと思います。

  5. 早速レスいただき、ありがとうございます。
    プリントマジック on Linuxをあきらめて、openofficeにするか、windowsの筆まめを使うか、そろそろ決めて作業にとりかからないと元旦に年賀状が届かなくなりそうです。
    はがきに印刷できたというご報告、勝手に期待してます!!

  6. takabonさん、ウチのMP520の環境でもやはり用紙を「はがきサイズ」にすると何も印刷されませんでした。A4用紙だと用紙の右上にはがきサイズで印刷されているので、cupsの設定はいじらずA4用紙のままで、実際の用紙をはがきにすることで印刷は出来ましたが、印刷位置がかなりずれていました。調整にかなり苦労しそうです・・・。

    プリントマジックに限らずUbuntuでの印刷には苦労させられることが多く、プリンタ関連がもっと簡単になれば積極的に人に推めてもいいのにと思っていました。

    お役に立てなくて申し訳ないです。

    ちなみにボクは事務機として使っているWindowsにもプリントマジックを入れて、印刷だけそちらでやろうと思ってます。

  7. こんにちはアルファブレンドです。
    Linux用の全プリンタドライバの開発は技術より労力の点で対応は難しいと思いますので、たとえばLinux上でA4ならば適正な位置、またはハガキサイズならばちゃんと出力可能なPDFジェネレーターをプリントマジックに実装すればLinuxユーザーの方は印刷可能となるのでしょうか?
    年内の実装は無理だと思いますが、将来的な価値があれば検討したいと思います。

  8. 皆様お返事ありがとうございます。
    Linux版 Adobe AIR 1.5が出ましたね!
    はがき印刷はやはりダメでしたが、今後に期待しています。

    ちなみに私の今年の年賀状は、宛名をopenofficeで、裏面はgimpで対応しました。
    なぜかgimp2.2の印刷機能には部数の設定機能がなくて、何十回も印刷ボタンを押すはめになりましたが、はがきにもきれいに印刷できました。
    openofficeもはがき印刷は問題ないのですが、毛筆フォントがないので、横書きの宛名になりました。

    >アルファブレンドさん
    はがきサイズのPDFができれば、あとはAdobe Readerなどではがきに印刷できますので、とてもうれしいです。

コメントは受け付けていません。