様々なブログエディタに対応した「MetaGateway」

以前、Firefoxの拡張でブログへの投稿を可能するScribeFireについて書いたことがあり、その記事にコメントをいただきました。

MetaGatewayを開発しております、techmonkeyです。
これを利用すると、どのブログエディタでも、あらゆるブログ、SNS、マイクロブログ、ストレージサービス、ソーシャルブックマーク、カレンダー、メールなどに投稿可能になります。
MetaGateway自体もweb型のブログエディタの機能を備えています。
興味があればぜひつかってみてください。

MetaGatewayにはブログエディタとしての機能も備えていますが、そして、そのブログエディタとしても、なかなか高機能のようです。MetaGatewayの特徴はなんといっても、既存のブログエディタにAPIを使って対応していることでしょう。

つまり、「このブログエディタ便利そうだし使ってみたいなぁ・・・。けど、使ってるブログサービスが対応してないんだよ。」ってことがなくなるということです。まぁ、それでウチのScribeFireについての記事にコメント頂いたんでしょうけど。

まずは対応サービスの豊富さを確認してみてください。

対応サービスとサポートする機能 ‎(MetaGateway – 次世代投稿管理サービス‎)

そして、対応するブログエディタを確認してみてください。

マニュアル ‎(MetaGateway – 次世代投稿管理サービス‎)

すごいでしょ?

今となっては、ブログの投稿画面もネット環境やブラウザの進歩、投稿画面そのものの高機能化、高速化になっているので、投稿先が1ヶ所の場合にはMetaGatewayを利用するメリットが感じられないかもしれませんね。

しかし、投稿先が複数ある場合には非常に便利だと思います。これまでもブログエディタで複数の投稿先を管理するということは出来ましたがMetaGatewayのすごいところはポストグループという機能ですね(ボクがこれがすごいと思ってるわけで、開発者のtechmonkeyさんの意図は違うところにあるかもです)。

ポストグループを追加する ‎(MetaGateway – 次世代投稿管理サービス‎)

お好みに合わせ、ポストグループの追加をするにあたって必要な項目を入力します。以下は各項目についての説明になります。

  • ポストグループ名は、左サイドバーにあるポストグループタブページのポストグループリストで表示される名前です
  • 投稿先は、マスター、コピー、スレーブに分類分けされます
  • マスターは、記事の基本投稿先となるチャネルのことで1つしか指定できません
  • コピーは、マスターの複製(同じ内容)を投稿するチャネルで複数指定できます
  • スレーブとは、マスターの投稿により得られたパーマリンクを本文にして投稿するチャネルで複数指定できます

この機能はいろんな使い方で活用で来そうです。

Googleアカウントがあれば、あらたに登録する必要もないので手軽に試してみることが出来ます。

WordPressの場合アカウントの追加は

  • サービス=その他
  • API=typepad
  • 認証=なし
  • アクセスポイント=http://WordPressディレクトリ/xmlrpc.php

あとはIDとパスを設定して完了です。なおXREAサーバーの場合は設定が必要のようです。

fusigineko » Blog Archive » MetaGatewayでWordPressがエラーになっていた件| KANADA Co.,Ltd.

さて、ウチでも使えることがわかったし、ScribeFireの設定方法も解説されているので簡単に準備が出来ましたが、この投稿は相変わらず普通にWordPresの投稿画面を使っています。

ボクがブログエディタを使わなくなったのは、投稿画面が昔よりそれだけでも随分と使い安くなったということと、WordPressの投稿にいくつかのプラグインがなくてはならなくなってしまったから、そして、タグをどうしようかということがあって離れてしましました。

ブログエディタもちろんMetaGatewayでも外部サービスをつかってタギングすることは出来ますが、これまで、WordPressに溜め込んだタグをどうするかなんてこともあるんで、そこら辺を少し検討してからにしようかなと思ってます。

あと、WordPress2.7の日本語版が出て落ち着いてから、いろいろ試してみようと思ってます。