「太陽の塔」が20世紀少年の「ともだちの塔」に

「太陽の塔」が総費用8000万円で改造されて20世紀少年に出てくる「ともだちの塔」になっていたので近寄ってきました – GIGAZINE

さすが3部作で制作費60億円の超大作といわれる(?)映画ですね。宣伝広告費はまた別なんでしょうかこういうのって?

「20世紀少年」については原作のコミックも映画も賛否両論、あやれやこれやと言われているのは知っていましたが、週末に、見事に日テレの宣伝に乗せられ、コミックを一気読みしてしまいましたw

本編22巻+完結編2巻の24巻構成。読んでみると、なんで完結編のタイトルが「21世紀少年」とわざわざ変える必要があったのかな?って思いました。「20世紀少年 全24巻」で別にいいじゃね?と。

で、この「ともだちの塔」は映画第2章のプレミアムイベントのためのものだったんですね。そして第2章は1月31日に公開。

20世紀少年<第2章>最後の希望 公式サイト

さらに、第1章が1月30日に「緊急リリース」だそうです。この辺りはいかにも映画の3部作って感じがしますねぇ。

豪華版(限定生産)の特典は

  • アナログLP(ダブル・ジャケット)仕様
  • 収録:本編+予告編 / 第2章予告編
  • オリジナル・ギターピック
  • ともだちマークの旗(原っぱメンバー手書きバージョン)

たしか1月30日には、テレビで「もう一つの第1章」かなんかやるんでしたよね?実際のところ興行的にはどうなんですかね?あたったから畳みかけるようにバンバンいってるのか、それとも、思ったのと違うからカンフル剤的なことなんでしょうか?

第3章が公開されるころには、坂上さんがテレビで

[tegaki]あの第1章と第2章が2週連続、地上波初放送![/tegaki]

とか言ってそうですけど・・・。

“「太陽の塔」が20世紀少年の「ともだちの塔」に” の続きを読む